口腔細菌

baikin

口の中には『口腔細菌』と呼ばれる、様々な細菌が住んでいます。大体、病原性の低い細菌で、独自の縄張りを作ってくれてるお陰で、外から病原性の高い細菌などが入って来ても繁殖できないようになっていて、いわば人間と共存しています。

散らばって細々と生活してくれているならば問題が起きませんが、集まって繁殖するとその生活が無視できなくなります。

プラークとは

大抵の食べ物には糖が入っています。飲み物にも入っている場合もあります。口の中に糖が入って来ると、わりとスピーディーに口腔細菌がプラーク(歯垢)というネバネバした白っぽい物質を作り出します。歯の表面にこびり付いたプラークは、舌や頬や食物とこすれる場所は剥がれ落ち、舌や頬や食物とこすれない場所、歯の間や歯の根本や溝の奥に残ります。

そしてプラークの中は病原性は低いけれど数が集ると悪さをし始める、いわゆる『むし歯菌』や『歯周病菌』の恰好の住処となっていきます。

むし歯菌

付く場所によってプラークの中で繁殖する細菌の種類は変わります。

主に歯肉から顔を出してる歯の部分に付いたプラークの中ではいわゆる『むし歯菌』が増えることとなります。
むし歯菌は糖を乳酸に変える性質を持っていて、プラークの中を酸性にして歯を溶かしてしまいます。

歯周病菌

歯肉に隠れている歯周ポケットの中では『歯周病菌』が多く繁殖することとなります。
歯周病菌の繁殖によって歯肉や歯槽骨に炎症が発生し、歯周病を引き起こします。

 

タイトルとURLをコピーしました