そういう事じゃない

アピールバッジ

アピール缶バッジ

世間では皆、新型コロナウイルスの感染に戦々恐々としており、電車内でゲホ!としようものならものすごい勢いで睨まれるという事例があるらしく、「ゲホ!は喘息の所為なんです!」というアピールをする目的で缶バッジの需要が高まっているようです。

確かに、喘息の持病でゲホ!となってるのにキッ!と睨まれたら「いやいやいや、そういう事じゃありませんから」と言いたくなる気持ち、分かります。花粉が飛び交っている所為でズズズッ!と洟をすすりあげてキッ!と睨まれたら、そりゃ「いやいやいや、そういう事じゃありませんから」と言いたくなる気持ち、分かります。

この缶バッジをネットのニュースで見掛けた時は、なるほどと思いました。
僕も最近ちょっと花粉症気味なので、欲しいとも思いました。

うつりません

確かに、花粉症はうつりません。
しかし、ちょっと考えてみて下さい。花粉症の人は新型コロナウイルスに感染しないんですか?違いますよね?ハックション!と派手にクシャミをした人が、そのクシャミの原因が花粉症だったとしても新型コロナウイルスのサイレントキャリアと良く呼ばれている無症候性キャリアでないという証拠はありません。

ゲホ!とやった人は確かに喘息の持病をお持ちかもしれませんが、そのゲホ!が喘息のゲホ!なのか新型肺炎のゲホ!なのか、その区別って付くんでしょうか?
パンダのバッジで可愛く振舞ったって、パンダの可愛さと新型コロナウイルスは別問題です。
※この缶バッジは実在しないものです

「ご安心下さい」と言われたって安心できるもんじゃありません。そこのところの折り合いは、皆さんどうつけてるんでしょうか?(質問じゃなく問題提起ですので、返信は不要です)

確かに、新型コロナウイルスの感染が珍しかった初期の頃は有効だったかもしれませんが、周囲の誰がキャリアでもおかしくない今となっては、このバッジはもう意味をなさないのではないでしょうか。・・・というか、これまだ付けてる人いるんでしょうか?(質問じゃなく独り言ですので、返信は不要です)

※喘息や花粉症等の方を差別・否定するものではなく、あくまでもバッジの有効性についての意見です。

タイトルとURLをコピーしました