【新型コロナ】トイレ使用時の注意

蛇口

既に公開している他の記事とかぶる部分が多いですが、改めてトイレに特化した感染予防のアイディアを書き留めておきます。

新型コロナウイルスに感染した時の為に

新型コロナウイルスのは接触感染のうちのひとつ、糞口感染が起きると考えられています。
自分が感染した時に急にトイレの使い方を変えようとしたっていつもの癖が出て失敗するに決まってますので、いつ感染してもいいように(良くはないけど)、今から体に覚え込ませるようにしています。また、感染していないとは思っていますが、この新型コロナウイルスの特徴である無症候キャリアになっていないとも限らないので、感染していないと思っているうちから他の人にうつさないようなトイレの使い方を心掛けるべきであると思います。

以前書いた『トイレの手洗い』をブラッシュアップしたものです。
記述の通り糞口感染を予防したい訳ですので、以下は当然、トイレでウンコした時の話です。

トイレに入る前後の手

ドアの外側のノブを汚染するとかしないとかの話はまた別の問題です。普段から手は奇麗であるという前提で進めて行きませんと、話が終わらなくなります。
なのでここでは、トイレに入る前と同様、トイレから出た時の手が清潔である事を目指します。
尻を拭くまで手は清潔とします。

蛇口の問題

トイレで一番頭を使うのが、蛇口の清潔です。正しくは蛇口ハンドル(レバー)と呼ぶらしいですが、不潔な手で水を出す時と、洗った後の清潔な手で水を止める時の二回触らなければいけません。
不潔な手で水を出した後、蛇口ハンドルは不潔になりますので、せっかく石鹸で洗って清潔になった手でも、これを閉めると手が不潔になります。
不潔になった手でタオルを使うとタオルも不潔になり、その手でドアを開けるとドアノブも汚染されます。結局はそのまま家中に汚染を広げていく結果となります。

この不潔を途中で断つ為に、手を洗った後にアルコールスプレーで蛇口ハンドルを消毒した後に水を止めるという方法を考えていました。
もちろん、自動水栓はそんな事考えなくても構わないのですが、生憎、うちは自動じゃありませんので。

逆インド方式

手を洗ってタオルドライして、アルコールで蛇口ハンドルを消毒してから水を止めるという手順だと、その間水を流しっぱなしにしてしまう事となり、エコじゃないという点が常々気になっていました。
また、つい、石鹸で洗った手でアルコール消毒前の蛇口ハンドルを回して水を止めてしまい、その汚染された手をタオルで拭くという事をやってしまう場合も多く、なかなか効率良く流れるように手洗いを済ませられない事に頭を悩ませていました。

そこで考えたのが表記の『逆インド方式』です。
インドでは手の役割が左右で違うらしく、左手は不浄と考えられているようです。インドの人にはたいへん申し訳ないのですが、インドとは逆に、ここでは最後に手を洗うまで右手を不浄な手とします。
右手で尻を拭くと決めて、尻を拭いた右手は洗うまで他の場所に触れないようにする訳です。
だったらインドと同じように不浄なのを左手にしても良くないか?とお思いでしょう。もちろん、不浄な手を左にしようが右にしようが、どっちでも良いんです。この場合大切なのは不浄と決めたらその手を石鹸で洗うまで尻を拭く以外の事に使わないという、使い分けですので。
そして敢えて右手を不浄としたのは・・・僕が普段右手で尻を拭くから、ただそれだけです。
当然、右手で尻を拭くと言っても、ダイレクトではありません。ちゃんとトイレットペーパーを使いますし、トイレットペーパーを使う前にウォシュレットで尻を洗ってもいます。

僕は便座から立ち上がったらただちに水を流す派なので左手で操作しますが、手を洗った後に水を流す派の方ならば右手で水を流したってOKです。
何にせよ蛇口ハンドルは尻を拭いていない左手で回す必要がありますが、後は順番次第で臨機応変に。肝心なのは尻を拭いてから手を洗うまでの間右手は不浄であるとの認識、それだけで特別な消毒は一切必要無くなります。

排便にホッとして、たまに忘れて右手で蛇口ハンドルを回しちゃう事もありますので、ミスった時の為にアルコールのスプレーを置いておき、汚染された蛇口ハンドルや水栓レバーや消臭スプレーのプッシュボタンをアルコール消毒できるよう準備しておくのが宜しいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました