最近、口の中を咬むんだよ。

口の中を咬むようになった原因

最近、口の中を咬むんだよ・・・とお思いの方、いらっしゃるでしょうか?
舌とか咬んじゃうと、必ず口内炎になっちゃいますよね?って、これは僕の事です。
人によって口内炎になりやすい人となりにくい人がいますが、僕はなりやすい部類に入ると思います。

口内炎の話は置いといて、
口の中を咬むようになった原因、いろいろ考えられます。

太った

まず、太ると咬みやすくなります。
ほっぺ丸くなると、外側に向かってだけじゃなく、内側にも出っ張っちゃうんですよ。
余った肉を咬んじゃうってわけです。

歯を治療した

次に、歯医者行って歯を治したら咬むようになっちゃう事もあります。歯の形の所為であったり、上下の歯の位置関係が原因だったりします。
一般的に、歯の形がエッジが効いてるというかカドがシャープな場合、頬や舌を巻き込んで咬んじゃう事が多いです。
また、正常な上下の位置関係ってのは、上の歯が下の歯よりも外側に出っ張ってるもんです。内側から見ると下の歯が出っ張ってるって具合ですね。このギャップにより、頬は上の歯によって外に押しのけられ、舌は下の歯に外に押しのけられ、巻き込まれないようになっていると言われています。・・・が、実際に物を咬む場合は下顎が横に動いて上下は揃うようにできてると思うんですが、そこいらへんの事はどう解釈されてるのか知りません。
あと、入れ歯の高さの問題であったりとか、上下の歯の間に中途半端な隙間がある場合とかも原因になる事があります。

歳取った

そして一番深刻なのは、筋力の低下等、加齢に関わる問題です。
歳取ると、咬みやすくなるんですよ。なんでかは、次の項目でじっくりご説明しましょう。

加齢によって口の中を咬みやすくなるわけ

筋力の衰え

口の中を咬む

正常に物を咬むというのは、頬と舌を使って上下の歯の間に食べ物を置き、上下の歯が合わさって食べ物を咬む時に挟まれないように頬と舌は逃げます。まるで、餅つきの時の杵と餅を捏ねる手の関係です。
餅をつく人と捏ねる人のコンビネーションがバッチリじゃないと、逃げ遅れた手を杵で叩かれちゃうんですよ。いや、実際に手を叩かれた現場は見た事がありませんけど、餅つきを見てるといかにも手を叩きそうでハラハラするじゃないですか。でも、コンビネーションがバッチリなので叩かない。ものを咬むというのも、そんな感じなんですよ。

歳とるとね、手足の筋肉が衰えるのと同じように、頬や唇や舌の筋肉も衰えてくるんですよ。
衰えてんのに、衰えてないつもりで顎を動かしちゃうもんですから、逃げ遅れた部分が咬まれちゃうんですね。

転ぶのだっておんなじでしょ?筋力が衰えてるので思ったほどは足が上がらない。上がってないのに上がってるつもりで体重を移動しちゃうので、上がってない足がつっかかって倒れちゃう。老化ってのは、そういうもんです。

対処法は咬むのも転ぶのも同じです。まずは気を付ける事。次に、筋力を取り戻すべく意識的に運動を行う事。

余談ですけど、間違って口の中咬んじゃっても、噛み切るとこまでは咬まないようにできてます。咬んで痛みを感じた瞬間に、反射で口が開くようにできてるみたいですよ。

口腔乾燥

口の中を咬む

人間、歳取るとなんとなく乾いた感じで若いほど瑞々しいイメージがありますよね?

たぶん肌の状態から来るイメージだったり、赤ちゃんがヨダレ垂らしてることから来るイメージだったりするんでしょうけど、唾液の分泌量ってのは生涯そんなに変わらないそうですよ。
要するに、子供とお年寄りを比較しても口の中の乾き具合というか湿り具合は同じらしいです。
尤も、10年ほど前に読んだ専門書の知識ですから、その後の研究については知りませんけど。

ただ、実際は高齢者の口の中が乾燥している傾向にあります。これは降圧剤などの薬に唾液分泌抑制の副作用があるからだと言われています。お年寄りって、お腹一杯になっちゃうんじゃないの?と思うぐらい大量に薬を飲まされてる・・・もとい、投薬して貰ってるイメージがありますもんね。

で、唾液はいろんな役割を持ってるんですけど、その中の潤滑剤の機能が今回の件に関係してきます。唾液が足りなくて口の中が乾いちゃうと、例えば頬の表面を歯がするっと滑ってくれないので巻き込まれて咬んじゃうんですね。

唾液腺のあたりをマッサージする事で唾液の分泌量は増やせますので、お心当たりのある方は、ぜひやってみて下さい。

最近、むせるんだよ。

咬むって作業も複雑ですけど、飲み込むって作業も口の中の筋肉に複雑で高度なコンビネーションを要求します。
咬むのに失敗するぐらいの人は、飲み込むのにだって失敗するに決まってます。本来なら食道に誘導されるはずの飲食物が気管の方に流れ込んじゃうと、むせるわけです。

口の中を間違って咬んでも噛み切らないように反射でなんとかなってますけど、飲む方も同様です。へんなもんが気道に入ってきたら、排出する為に咳が反射的に出ます。それがいわゆるむせるって状態ですね。
それでも、口の中の細菌とミックスされた飲食物が肺の方へ入っちゃって、毎年多くの方が命を落としています。誤嚥性肺炎ってやつですね。

口の周辺の筋力トレーニングはもちろんですけど、食べ物の形態や量、食事の時の姿勢なんかも気を付けなきゃいけません。
あと、口の中を清潔に保つことも誤嚥性肺炎を防ぐのに効果的です。

タイトルとURLをコピーしました