歯周病予防の歯磨き法

歯周病予防

歯磨きにはむし歯予防を目的とした磨き方と、歯周病予防を目的とした磨き方に分かれます。
それぞれ、除去したプラークの場所が違うからです。

歯周病予防の磨き方

我々歯医者は、まず最初にむし歯予防の歯磨き法を指導し、その後歯周病が心配なお年頃になると歯周病予防の歯磨き法を指導します。
以前お話しした3つの原則はそのまま生きていますが、磨きたい場所が歯と歯肉の境目あたりになってくると、そこに歯ブラシの毛先を届かせる為に、少しその原則を曲げた方が確実な場合があります。

歯ブラシは歯周ポケットに向けて45度

歯磨き3つの原則の3番目の項目でご紹介した下の奥歯の内側を磨く方法、ほかの箇所もこれで磨くイメージです。
この方法はバス法といい、歯周ポケットの方に毛先を向けた斜め45度に歯ブラシを当て、歯と歯肉の境目にブラシの毛先が整列するような感じで当て、横方向に細かく動かします。磨きたい場所は歯と歯肉の境目、できれば歯周ポケットの内部です。

やわらかめの歯ブラシで

毛先を歯肉方向に向けて磨くのですから、硬い歯ブラシを使うと歯肉が傷つく恐れがあります。バス法専用の
毛先が細くなっていて柔らかい歯ブラシを使うと歯肉を傷つけるリスクが少なく、安心して磨けます。

電動歯ブラシで

僕がお勧めするBRAUN Oral-Bでは、歯周病予防に向いているブラシヘッドやソフトな動きのモードを備えています。また、Philips ソニッケアーはまさしく、バス法に適した電動歯ブラシです。
むし歯予防と同様、ブラシの動きを電動歯ブラシに任せられますので、ブラシを当てる場所と当てる角度に集中できますので、精度の高い歯磨きが可能です。

歯医者さんに相談

歯医者さんでは歯周病の検査、歯磨き指導、歯石除去から歯周外科処置まで、歯周病の予防と治療を行っています。このサイトや他のサイトは、あくまでも情報の一つとして捉え、気になる事があったら歯科医に相談する事が一番です。自己流でなんとかするよりもはるかに確実で近道です。

歯磨剤の薬効

歯周病の予防と治療は、機械的なプラークコントロールなどの環境整備をまず考えなければいけません。歯磨剤に含有されている有効成分だけに頼るのは危険ですが、日頃のプラークコントロールをきちんと行った上でプラスの効果を期待するのは構わないとは思います。

タイトルとURLをコピーしました