むし歯の分類

むし歯の分類について既に多くの方がご存知だと思いますが、今後症状から推察する逆引きの記事を書く都合上、先に一般的なものを書いておきます。
下の記事を参照しながらお読みいただけると理解が深まると思います。

歯の構造
ここでは、歯の構造について簡単に説明をしておきます。初めから読む必要はありません。知りたい部分だけつまみ読みで結構です。歯と歯周組織の断面図歯冠と歯根と歯肉歯の頭を歯冠、歯の根を歯根と呼びます。通常、歯冠は...
むし歯のでき方
飲食のたびに脱灰と再石灰化を繰り返し、そのバランスが取れている場合にはむし歯はできませんが、バランスが崩れるとむし歯が進行して穴が開いてしまいます。 脱灰 プラークの中で繁殖したむし歯菌は、糖を素に乳酸を作り出します...

CO

co

「O」はゼロでなく「オー」で、observationを表します。

エナメル質は透明度の高い組織ですが、脱灰が始まると白く濁って見えるようになります。COの段階ではエナメル質は崩れておらず、穴が開いていません。

再石灰化が起こって修復され、透明感を取り戻す事も期待できますが、生活の改善が行われなければ更に脱灰が進んで穴が開いてC1に進む可能性もあります。削って詰めるという治療を行う必要はありませんが「要観察歯」として注意して見守らなければいけない状態です。

通常は歯磨きの指導と食生活の指導を行う場合が多いと思いますが、フッ素を使って再石灰化を促進するような処置を行う事があるかもしれません。

C1

c1

COから脱灰が進み、エナメル質が崩れて穴が開いてしまった状態がC1です。穴はエナメル質の中にとどまり象牙質には達していないので、沁みたり痛んだりという自覚症状はありません。

深さや場所によって治療には幅があるでしょう。削って詰める場合や削らずに経過を見る場合、進行止めの薬を使う場合も考えられます。
もしも削ることになったとしても、エナメル質は感覚がありませんので麻酔は行わないでしょう。

C2

c2

C1から更に脱灰が進み、むし歯が象牙質まで届いてしまうとC2と呼ぶようになります。
象牙質は感覚があるため、露出した象牙質に冷たい刺激が加わると沁みたり(冷水痛)、穴の中に甘いものが詰まると短時間ズキズキしたりします。
痛むだけでなく、むし歯の穴の中で繁殖した細菌によって口臭も発生します。

普通は、この程度で歯医者さんを受診することが多いでしょう。

程度に幅がありますが、C2でも軽い場合には麻酔をして削って詰めるという処置を行いますが、歯髄までの距離が近いくなってしまっている場合には、すぐに詰めずに経過を見る必要があるかもしれません。
治療が終わって麻酔が切れた時にズキズキ痛む場合がありますが、歯髄が正常であれば痛みは一時的で、暫くすると落ち着いてくれるはずです。ズキズキが翌日まで続いている場合には、歯髄にむし歯が届いて感染を起こしてしまっている証拠ですので、再度麻酔をして歯髄を取る処置(抜髄)を行う必要があります。
ズキズキがあったら鎮痛薬を飲んでも構いませんが、翌日まで続くようなら歯医者さんに電話を入れて相談してみましょう。

C3

c3

むし歯が歯髄まで届いてしまっている状態です。
C2とC3の境界で冷たいものが沁みる症状を通り越して温かいものが沁みる症状(温熱痛)があったはずですが、それもまた通り越してズキズキ痛む(自発痛)ようになってきているはずです。

自発痛は初めのうちは間欠的に訪れます。体が温まったり横になったりした時に痛むことが多いようです。それでも放置ていると、四六時中ズキズキするようになるはずです。同じ頃、咬んだり叩いたり、歯に力が加わると痛いという症状が現れるかもしれません。

この期間に歯科を受診すると、麻酔して抜髄をすることになりますが、この時の神経は麻酔が効きにくい状態になっています。

四六時中ズキズキが1日~2日ほど続いた後、歯髄は死んでしまい痛みが無くなります。
あれ?痛くなくなった!治った??
・・・いえ、治ってません。
歯の内部で細菌が繁殖し放題に繁殖し、今度は歯を支えている骨(歯槽骨)に炎症を起こさせます。

この時は歯髄が死んで感覚が無くなっていますので、治療に麻酔は不要です。
歯の中をお掃除して消毒する根管治療という治療を行うことになります。

C4

c4

歯冠が崩壊して、歯根だけになってしまった状態です。

C3からC4へと移る期間、歯槽骨に起きた炎症はたいてい慢性の炎症なので、強い痛みがありません。
体調や環境によっては歯槽骨に起きた炎症が急性に変わって、歯髄が死ぬ時に匹敵する痛みか、あるいはもう少し強い痛みを感じ、歯肉が腫れる事もありますので、完全にC4になる前に歯医者に駆け込む方がいらっしゃるかもしれません。これは、根の先(根尖)周辺の膿が急速に増えて周囲の骨を圧迫する事によって生じた痛みです。おそらく、鎮痛剤はあまり効果がありません。
この時も根管治療を行いますが、うまい具合に根の中を貫通する事ができれば、膿がドッと出てくるのと同時に痛みが和らぎます。

この痛みや腫れは数日でおさまりますが、治ったわけじゃありません。何度も繰り返して重症度を増していきます。C4でも初期であれば抜かずに治療して咬めるようになるまで回復させる事が可能かもしれませんが、放置を続けていると抜かなければいけなくなる確率が高まります。

 

タイトルとURLをコピーしました