歯の構造

ここでは、歯の構造について簡単に説明をしておきます。初めから読む必要はありません。知りたい部分だけつまみ読みで結構です。

歯と歯周組織の断面図

歯冠と歯根と歯肉

歯の頭を歯冠、歯の根を歯根と呼びます。

通常、歯冠は歯肉(ハグキ)から顔を出しており、歯根は歯肉の中に埋もれています。
歯の周囲には溝があり、この溝を歯周ポケットと呼びます。歯周ポケットの底で歯と歯肉はくっついています。

エナメル質

歯冠の表面は、エナメル質という人体で最も硬い組織で覆われています。エナメル質には感覚が無く、突いても引搔いても削っても痛みません。

セメント質と歯根膜

歯根の表面にはセメント質と呼ばれる部分があります。セメント質は歯の中で最も柔らかく、加齢や歯周病で歯根が歯肉から出てしまった場合には無くなってしまいます。

このセメント質と骨の間に存在するのが歯根膜と呼ばれる繊維性の組織で、歯と骨を結び付ける役割とクッションの役割、それから圧力を感じる役割をもっています。

象牙質

歯冠部のエナメル質の下、および歯根部のセメント質の下には象牙質があります。むし歯で冷たいものが沁みたり、食べ物が詰まって痛んだり、削った時に痛みを感じるのは、象牙質に感覚があるためです。

象牙質はエナメル質よりも柔らかく、酸にも弱い性質を持っていますが、エナメル質が硬くて脆いのに対して柔らかく粘り強いので、歯冠部ではエナメル質と一体化する事によってお互いの欠点を補いつつ長所を生かすようなハイブリッド構造になっています。

歯髄

歯の中には歯髄腔という空洞があり、歯の感覚を司る神経と歯に栄養を供給する血管が入っています。神経と血管を合わせて歯髄と呼びます。

タイトルとURLをコピーしました