【新型コロナ】緊急事態宣言を受けて

エアタービン

診療対象の変更

昨日発令された緊急事態宣言を受けて、本日からうちでは今までと診療の対象を変えました。

ご存知の通り、新型コロナウイルスは接触感染と飛沫感染によって広がると言われています。
患者さんが来院なさる場合、近隣の方ならば問題ありませんが電車やバス等でいらっしゃる場合は、なるべく事態が収束してから治療を行うべきであろうと思います。
また、歯科治療は歯石を除去する時に使う超音波機器や歯を削る時に使うエアタービンなどによってウイルスを含む飛沫の拡散が起こりやすいので、飛沫が発生しやすい治療内容はなるべく事態が収束してから行うべきであろうと思います。

よって、急がない治療、待って頂ける治療、特に飛沫が発生しやすい治療については延期させて頂く事としました。

うちにいらっしゃる患者さんが感染しちゃっても困りますが、僕達が患者さんから感染しちゃっても困ります。もちろん個人的にも困りますけど、感染した僕達が外に出て更に感染を広げても困ります。
つまり、社会全体の感染拡大を抑制するという観点から(今のところは)診療内容を限定するのが一番良かろうと考えた次第です。

延期する治療内容

検診

気になる箇所があるならば応急処置を行いますが、気になる箇所が無くて僕が「じゃ、6ヶ月経ったらまた見せて下さいね」って言ったからという方の場合は、1ヶ月後に予約を取って頂くか、新型コロナウイルスの蔓延が収束したと判断できた時点で改めてご予約頂くという風にします。

歯石の除去

ルーティンでお掃除させて頂いている方については、歯石のお掃除を1~2ヶ月先延ばしにしても状況が大きく変わる事は少ないはずです。

むし歯の治療

むし歯の進行度によって異なりますが、C2程度までであればむし歯が進まないようにする為、また、沁みるとか食べ物が詰まる等の症状を抑える為に応急処置を行って、1ヶ月程後にお約束を取って頂きます。

根の治療

症状が安定している場合で次回の治療を先に延ばせる場合は、1ヶ月後にお約束を取って頂きます。

1ヶ月後に治療できるのか?

そんな事は今から分かりませんけど、あんまり先に延ばしても患者さんが不安になるでしょうから、特に根拠はありませんけど1ヶ月程度先に改めて治療を検討するとしています。
もちろん、1ヶ月先に事態の好転が見られていない場合には、再度先延ばしにするか治療してしまうかを相談させて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました