消毒用エタノールについて

消毒用エタノールが売り切れてる

新型コロナウイルスの所為で消毒用品が軒並み売り切れてますね。

日頃から使ってる歯科用品のネットショップもマスクと消毒用エタノール等は在庫切れとの表示が出てます。もちろん、街のドラッグストアの棚もカラッポです。

実はそんな事もあろうかと先手を打ってますので、診療に使うエタノールが無くて困る事は無さそうですが、のんびりしてたら確実に診療に影響が出ちゃいますので気が抜けません。新型コロナウイルスそのものよりも商売道具が入手できなくなるのは脅威です。

消毒用エタノールとは

消毒用エタノールは日本における医薬品に関する品質規格書である日本薬局方にて成分が規定されており、それ以外の商品として消毒用イソプロピルアルコール製品等が市販されています。

消毒用エタノールは、最も消毒力の強い76.9~81.4vol%のエタノール濃度で、インフルエンザウイルスやコロナウイルスに対してはウイルスの持つエンベロープを破壊する事によってウイルスを不活化します。

※vol%(ボリュームパーセント)は、体積における比率を表す単位で、この場合はエタノールのリットル÷全体のリットルで計算されています。

消毒用エタノール

消毒用エタノールIPとは

消毒用エタノールは1000円程度しますが、名前に「IP」と付いた似たような商品はやたら安く売っています。これは、どういう事なんでしょうか?

日本では純粋なエタノールに対しては酒税法が適用され酒税がかかる為、イソプロピルアルコールを添加したものが消毒用エタノールIPです。
消毒効果は消毒用エタノールと変わらないそうですが、酒税の分だけ消毒用エタノールよりも安いという事になります。

写真はCiメディカルという歯科用品ネットショップのイソプロピルアルコールが添加された消毒用エタノールです。

消毒用アルコール

消毒用エタノールの使い方

歯科医療の臨床では、ガーゼやワッテ(コットン)や綿球に含ませて使用したり、ディスペンサーから直接手に取って手指の消毒に用いたりします。
最近では百均で買った小さめのスプレーボトルに入れて消毒対象に直接噴霧して使う事もあります。

消毒を確実なものにする為には15秒ほど作用させておく必要があるそうですので、適度なビショビショ感でお使い下さい。

無水エタノールについて

消毒用エタノールと無水エタノールはどこが違うのでしょうか?

消毒用エタノール76.9~81.4vol%のエタノール濃度ですが、水分をほぼ含まない純度の高いエタノール(エチルアルコール)を無水エタノールと呼び、その濃度は99.5vol%です。
無水エタノールは消毒用エタノールよりも蒸発が早いので作用している時間が短く、消毒に適していません。消毒を目的とした使い方をする時には、精製水などで80%程度の濃度になるように薄める必要があります

最近ドラッグストアを覗いたところ、既に消毒用エタノールは完売しており、無水エタノールだけが並んでいる状態でした。数日前は同じ棚がカラッポだったので、そのドラッグストアでは飛ぶように売れるけれど供給の少ない消毒用アルコールの代わりに比較的入荷しやすい無水エタノールを並べたんでしょうけど、そのままでは消毒用には適さない事をきちんと客に伝えているのかどうか心配です。

毎日ドラッグストアを覗いてるわけじゃありませんので分りませんが、無水アルコールももうすぐ売り切れるんでしょうか?消毒用アルコールの増産が間に合うと良いと思います。
消毒用アルコールにせよマスクにせよ、たぶんメーカーは夜を徹して対処してくれていると思いますので、いずれ必ず商品は供給されるはずです。

タイトルとURLをコピーしました