小児用抜歯鉗子について言いたい事

抜歯鉗子

抜歯の道具

抜歯の時に使う道具には色々な種類があります。ケースによって使う道具が違ったり、歯科医によって好みが違ったりもしますが、どんな歯科医でも必ず使う道具が二つあります。

ヘーベル

一つはへーベルとか挺子と呼ぶ、グリグリやって歯をほじくる・・・もとい、脱臼させる道具。

歯の周囲には環状靭帯という結構強い靭帯があり、歯と歯肉を結び付けています。この環状靭帯が付いたまま無理矢理抜こうとすると抜きにくかったり歯肉に大きくダメージを負わせてしまうので、あらかじめ環状靭帯を切る役割と、歯と骨の間にくさび状の先端を差し込む事によって歯を浮き上がらせて脱臼させる役割を持ったツールがヘーベルです。

歯の大きさによって、また場所によって太かったり曲がっていたり、いくつかの種類があります。

抜歯鉗子

もう一つは抜歯鉗子(ばっしかんし)と呼ぶ、歯をグワシ!と掴んでひっこぬく・・・もとい、揺すって脱臼させる、ヤットコやペンチのような姿をしたアレです。

歯を支えている骨は歯を揺する事によって変形し掴んでいる力を弛めます。弛んでいない状態で引っ張るだけでは頑丈でとても抜けるものではありません。適切な方向に適切な強さの力を加えて揺すっているうちに、引っ張る事なく最終的にはスルッと抜けてくれます。

歯にフィットした鉗子でないと歯を砕いてしまったり滑ってしまったりして危険なので、こちらも歯の大きさや場所に合わせていくつかの形があります。
永久歯と乳歯では当然大きさがずいぶん違いますので、抜歯鉗子も形が違います。

乳歯用抜歯鉗子

僕は小児歯科専門医じゃありませんが、一応、子供も診ます。

大人ですら滅多に抜歯しないぐらいですから、子供の歯なんて抜く事はほんとに少ないんですけど、道具は一通り揃えてます。でも、乳歯用抜歯鉗子でどうしても納得のいかない事が一つあります。

乳歯用って、大人用の抜歯鉗子に比べて小さいんですよ。

そりゃ子供の歯は小さいからね。ってお思いでしょうけど、口の中に入れて歯を掴む部分が小さいのは分かるんですよ。でも、それだけにとどまらず持つ部分まで小さいのはどういう訳でしょうね?

子供用のハサミが小さいのを見て、それを真似て子供用の抜歯鉗子を小さく作ったんじゃないの?と密かに疑ってます。そんぐらい、ミニチュア化されてるんですよ。
子供用ってあんた、子供が使うわけじゃないんだぞ?と毎回ブツブツ言いながら使ってます。

手の中にすっぽり収めて目立たないようにして、子供を怖がらせないようにする配慮って可能性もありますけどね、怖いのは大人だっておんなじだい!って思います。

あと、先端が小さいのに柄が長いとテコの原理で過大な力が先端部に集中しちゃうから柄も短くしましたって説明されたらなんとなく納得しちゃいそうですけど、柄の太さまで変えたのは何でなのさ?そもそも、支点を力点方向にずらして解決しようとは思わなかったのかね?そんなんじゃ騙されないぞ、僕は。って思うわけです。

きっと、他にももっともらしい言い訳・・・もとい、根拠があるんでしょうけど、全体にスケールダウンしただけっていう安易さが、どうしても許せないんですね。

それと、子供の傍にお母さんがいた場合、衛生士が小さい鉗子を持って来たら、「あ、オモチャ出して来た!」って思われちゃうじゃないの。

タイトルとURLをコピーしました