【新型コロナ】歯医者の感染リスク

エアロゾル

厚労省からお達しがありました

先日、歯科医師会を通して厚生労働省医政局歯科保健課から連絡がありました。

その中に「歯科診療においては、唾液等の体液に触れる機会が多いことや歯の切削等によりそれらが飛散することがあるなどの特性に鑑み、感染拡大防止のため、以下の点に特に留意すること」として、診療前に患者の状態について確認すること、診療室の換気をすること、緊急性がない治療は延期すること等が示されています。

そんな事、日々飛沫の中で歯を削ってる僕らは厚労省から言われなくとも分かっていますが、お上(おかみ)からのお達しは患者さんへの言い訳をする上でかなり心強いと思っています。
緊急事態宣言を受けて、診療は続けるけど急を要する処置以外は暫く待って貰うなど診療に制限を設けていますが、それを患者さんに話す際「結局、自分が感染したくないんだろ?だから治療を先に延ばすんだろ?」と言われかねない状況で厚労省の名前を出せるというのはありがたいです。

診療の制限に踏み切った歯医者さんの名誉の為に言いますが、僕たちが診療を制限したのは、新型コロナウイルスが怖いって事ももちろんありますけど、感染した僕たちが発症前に医院の外で複数の誰かにうつすのを止める事が事態の収束に繋がると考えたからです。患者さんの外出を抑制して患者さんの感染リスクを少しでも減らしたいと考えたからです。

間違った認識

SNS等を通じて「歯科医院へ行くと新型コロナウイルスに感染しやすい」という意味のデマが広がっているようです。
一種類のSNSですけど、僕が確認した所によると主にデマを広げているのは(自称)歯科衛生士が多い印象です。(自称)としたのは、僕が(自称)歯科医師であるのと同じぐらいSNSで発信している歯科衛生士が本物であるという確認が取れないという程度の意味です。

デマという強い言葉を使いましたが、これがデマでなければ相当の認識違いです。

歯医者の意味

まず、歯医者の意味を取り違えている可能性があります。
「歯医者の意味」と言っても観念的な話じゃありません。歯医者と言うと、「歯科医院」と「歯科医師」の二通りに受け取れる場合があるという事です。

「歯医者が新型コロナウイルスの感染リスクが高い」わけですが、この場合、「歯科医師が新型コロナウイルスをうつされやすい」という受け取り方が正しいのですが、「歯科医院で新型コロナウイルスをうつされやすい」という間違った意味に受け取られた可能性があります。

改めて言います。新型コロナウイルスに感染するリスクが高いのは、患者さんじゃなくって歯科医師です。

幸い、患者さんが新型コロナウイルスに感染してる可能性が高かったり新型コロナウイルスに感染してる人ばかりの病棟の医師や看護師に比べ、患者さんの中に感染者が含まれる割合がさほど高くないであろう歯科医師は、トータルで考えるとそんなに感染リスクが(まだ)高くないと思ってはいます。そんな歯医者が仕事サボり気味ですいません。
僕たちよりも圧倒的に高いリスクの中、歯を食いしばって新型コロナ患者の為に働いてる医療スタッフの方々に心より感謝します。

歯科衛生士の感染リスク

歯医者より高リスクなのが歯科衛生士らしいです。これは歯科衛生士が行う事が多い歯石除去の際に超音波機器によって発生するエアロゾルの為と思われます。

自称ではなく本物の歯科衛生士が「歯科医院に行くと新型コロナに感染するぞ」と拡散しているとすると、「新型コロナウイルスに罹りたくないのに院長が診療を制限しない」ので歯科医院が危険であるとのデマを流して自分の身を守ろうという事なんでしょうか?そういう話は、世間を巻き込まずに院内で処理して頂きたいんですが無理なんでしょうか?

また、「自分たちはハイリスクグループなので怖い(大意)」と言っている歯科衛生士さんも多々見受けられます。正直なのは結構ですけど、そういう事はSNSで一般の方に訴えるよりも、院長と話し合って頂けませんか?

タイトルとURLをコピーしました