不潔域を磨くために

  1. 歯には特に掃除をしなくても自然と綺麗になてしまう場所と、プラークが溜まりやすい場所があります。このプラークが溜まりやすい場所の事を『不潔域』と呼びます。

不潔域を磨くために

不潔域は、舌や頬、食べ物の流れが作用しにくい場所ですが、歯ブラシが届きにくい場所でもあります。しかし、歯ブラシが簡単な場所は磨かなくても自然と綺麗になってしまう場所ですので、不潔域こそ磨かなければいけない場所です。

溝の中や歯肉との境界部分については、注意深く歯ブラシを当てれば磨く事が不可能ではありませんが、特に歯の間については歯ブラシの毛が歯面と直角に当たろうはずも無く、どうしても清掃効率が悪くなってしまい、プラークが残ってしまいがちです。

そんな歯の間を磨くためのツールを2種ご紹介します。

歯の間を磨くツール

既にご存知の方も多いとは思いますが、ご存じない方の為に概論をお話ししますので、そんなん知ってるよ!という方は読み飛ばして下さい。

デンタルフロス

デンタルフロス

歯の間に糸を通し、擦ることによってプラークを除去するツールです。ナイロンでできた糸は、ワックスで固められているものとワックスがついていないものがあります。
狭い個所や引っ掛かりやすい場所はワックス付きの方が使いやすいようです。

ボックスから糸を引き出して、30センチほどに切った糸を指に絡めて使うタイプのものが主流ですが、小さな弓のようにプラスチック製のホルダーにあらかじめ張ってある『糸ようじ』もあります。糸ようじの方が奥歯には使いやすいのですが、コストパフォーマンスはオーソドックスなタイプの方が優れています。

歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯の間に挿入して使う、極小のコップ洗いのような形のブラシです。一般的には芯材の針金の周囲に毛が放射状に配列していますが、芯材がプラスチックで毛がシリコンゴムでできているものもあります。

サイズをSMLのように何種類かに展開しているはずですので、隙間の大きさに合わせて何種類かのサイズを使い分けると良いでしょう。

デンタルフロスと歯間ブラシの使い分け

むし歯予防を考えると、歯と歯が接触している部分を磨かなければいけません。この部分はデンタルフロスでしかお掃除ができません。

一方、歯周病の予防または治療という観点から言えば、歯間ブラシの方が効果が高いと思います。歯の間の歯根部分にはくぼみがあって、出っ張った個所しか清掃できないデンタルフロスではプラークが残ってしまう場所ができるからです。

ある程度年齢が進むと、歯磨きの目的をむし歯予防よりも歯周病予防にシフトすべきですので、歯周病が気になるお年頃の方は、歯間ブラシが入る場所は歯間ブラシで、歯間ブラシが入らない狭い所はデンタルフロスでお掃除すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました