イソプロパノールでコロナ対策

イソプロパノール

イソプロパノールが届きました

注文していた(ほぼ)100%のイソプロパノールが届きました。
今日届いたのは、2Lのポリタンクが2個、4Lの缶が1個です。後日、追加で頼んだ一斗缶が来る予定です。

イソプロパノールを薄めます

100%に近い濃度なのでそのままでは使えませんから、とりあえず新型コロナウイルス対策として使う為に希釈します。
新型コロナウイルスに対しては70%でも50%でも効果は同じですので、揮発しにくい50%の方が作用時間が長く取れて有利だろうとの推測から、今回は50%に薄めて使ってみます。
薄めるのに使う水は、水道水。なぜなら、先日ドラッグストアを覗いた時に精製水が売り切れていた為。出典も発信元も曖昧なうちのブログで言うのは図々しいですけど、根拠が明確でない「水道水でアルコールを薄めると劣化が早いような話」もちらほら見掛けますが、あまり気にしません。それよりも、大量に作り置きすると濃度の変化が心配なので、ちょっとめんどくさいですけど少量ずつ作って数日で使い切る事を考えます。手始めに100mlのイソプロパノールに100mlの水道水を混ぜて200mlの50%のイソプロパノールを作ります。
それでも少しずつ濃度が変化する筈ですので、いい加減ですがちょいと濃い目に作っときます。いい加減と言ったって、薬局で売ってる日本薬局方に沿った消毒用エタノールだって濃度表示は76.9~81.4vol%となっています。そういうちゃんとした消毒用エタノールの「開封した時に有効な範囲内の濃度ならば文句なかろう」という理屈と同じです。

プシュプシュ注意

ユニットの椅子回りや、トイレのドアノブや、玄関ドアの取っ手や、スリッパを拭くために、イソプロパノールでビショビショにしたキッチン用ペーパータオルを密閉容器に保管して使おうという計画を実施しました。四つ折りにしたペーパータオルに50%イソプロパノールをプシュプシュとスプレーしたんですが、結構飛び散ったり蒸発したりで頭がクラクラしそうでした。
作り置きをするならばスプレーは使わずにボトルから直接ジョボジョボとかける方が安全です。スプレーを使うならば、その都度乾いたペーパータオルにプシュ!と噴霧して拭くという感じが良いでしょう。

いずれにせよ、やるなら十分な換気と、火気厳禁でお願いします。

50%イソプロパノールで拭いてみました

玄関ドア

イソプロパノールが染み染みのペーパータオルを使って患者さんが触りそうな玄関ドアの取手とドア枠のアルミを拭いてみると、案外早くに拭いた部分のイソプロパノールが揮発しちゃう事が分かりました。この調子じゃ70%にしたら拭くそばから乾いちゃって作用時間ゼロなんじゃないかと思います。今後は作り置きをせずに消毒する都度乾いたペーパータオルにイソプロパノールをプシュプシュして拭いた方がいいんじゃないかと思ってます。

診療室のドアは拭く必要ありません

ちなみに、待合室と診療室を隔てるドアには患者さんは一切触れません。診療室に招き入れる時も診療が終わって退室する時も僕かスタッフがドアを開けますから。たぶん他の記事に書くと思いますけど、うちじゃ患者さんの事を「様」付けで呼ぶ事こそしませんが丁寧な応対を心掛けてます。
新型コロナウイルスが流行しそうなこんな時期に、まさか日頃の丁寧な応対が消毒する箇所を減らしてくれるなんて、全く想像してませんでした。

トイレのドアノブ

執事じゃないので、待合室にあるトイレのドアは流石に自分で開けて貰います。
なので、トイレのドアや水栓等はイソプロパノールで拭かなきゃいけません。特にここは糞口感染のリスクが高いところです。

眼鏡にも

大きく開けた患者さんの口に頭を突っ込みそうなほど顔を近付けて診療してますから、眼鏡にも当然飛沫がしこたまかかりますので、消毒は必要です。
金属が多用されていますので腐食が心配ではありますが、汚いままで使うのはもっと心配です。次亜塩素酸ナトリウムで消毒するよりはマシだろう・・・程度の考えですけど、眼鏡にもプシュ!とイソプロパノールをスプレーしました。眼鏡のレンズに付いた細かい水滴のほとんどが短時間で蒸発しますが、いつまでも蒸発する気配を見せない水滴が残ります。これは50%イソプロパノールの残りの50%(ややこしい表現すいません)である水道水?かどうか分かりませんけど、プシュ!とやった後に拭き取る方式で消毒した方が良さそうです。プシュ!とやった眼鏡のレンズをよく観察すると、レンズは水分を弾くので水滴と水滴の隙間があり、そこは要するに消毒できてない部分という事になるのでしょうから、プシュ!とやっただけでは消毒が不十分でしょう。塗り広げるという作業が必要だと思います。

マスクにも

口元を覆うマスクですので、イソプロパノールよりも酒として飲めるエタノールの方が害が無さそうな気もしますけど、どっちみち完全に蒸発させた後で再着用しますので同じだろうとも思います。
エタノールでちょっと湿った状態のマスクを着用してほんのり酔っぱらいたい方もいらっしゃるかもしれませんが、乾いてから使いましょう。特にイソプロパノールは飲用に適さないアルコール類ですので、完全に乾かして使用します。

マスクの素材や機能によっては、もちろん、イソプロパノール(他の消毒剤でも)によって性能が低下する可能性があります。特に静電フィルターを使ってたりするとどうなるんでしょう?影響があっても不思議はないので、お気を付け下さい。基本的にほとんどのメーカーはマスクの消毒や洗濯について想定していないと思われます。

まとめ

『まとめ』としたってまとまるもんじゃありませんけど、一応、結びの言葉を。
今日から本格的にイソプロパノールでの消毒を始めますので、今後いろいろと分かってくる事もあるでしょう。今回お話した内容で間違ってる事も分かるかもしれません。分からないままの話も当然あるでしょう。
引き続きレポートして行きますので、よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました