新型コロナウイルスをリステリンで消毒

リステリン

含嗽とは

含嗽について詳しくは下の記事をご参照下さい。

含嗽
診療の時の、いろんなブクブクに関するお話です。僕たち歯医者は毎日たくさんのブクブクを目撃していますが、中には「!」という場合もあります。

普通、歯医者で「うがい」と言ったらブクブクうがいを表します。「口をゆすぐ」という表現も使いますね。

歯にセラミックや金属を接着したてで、あんまり強い力が掛かって欲しくない時は「軽くゆすいで下さい」って言うんですけど、皆さんたいてい意図が分からないようで思い切りブクブクしてくれちゃいます。

診療前に口の中を消毒

軽くゆすいでと言ったのに思い切りブクブクされちゃうのは、きっと歯医者あるあるですが、今回はそれとは無関係な口の中の消毒の話です。

新型コロナウイルスについて徐々に色々な事が分かってきて、今では鼻や喉よりも舌の上の方がウイルスが多いとか、穏やかじゃない話になっきています。
毎日患者さんの口の中に頭を突っ込みそうな勢いで仕事をしている身としては「マジかよ!」と思います。
そこで、治療前に口の中を消毒するという事を考えてみました。

イソジンで消毒

口の中に使える消毒薬としては最強の殺菌力を誇るイソジンで、これから飛沫が発生しそうな治療を行う歯をグリグリと消毒するという事をやってみました。
イソジンはコロナウイルスにも有効である事が分かっています。例えばこれから削る歯をイソジンで消毒しておけば、そこから発生するエアロゾルにウイルスは含まれないはずです。

狭い範囲ならそれでOKですが、広い範囲でイソジンを使うと消毒の頻度によっては歯に着色が起こってしまいます。全体に渡って歯石を取るなんていう時にはイソジンは適さないわけです。

リステリンの抗菌スペクトラム

広い範囲で消毒するならば、含嗽剤はどうでしょうか。
含嗽剤の代表格であるリステリンの抗菌スペクトラムについて調べてみました。
調べてみた・・・というか、このデータはリステリンの医療関係者向けのサイトでユーザー登録を行えば労せず入手可能です。

その資料まで到達するのは一般の方にとっては困難だと思いますので、ここでかいつまんでお話しましょう。

以下、代表的な消毒薬であるクロルヘキシジンと比較した記事の抜粋です。

リステリン®は、数多くの試験結果によって、グラム陰性・陽性菌・真菌、HSV(単純ヘルペスウイルス)やインフルエンザウイルスなどを含むウイルスに対しても、幅広い抗菌スペクトラムを示し、30秒以内に殺菌することが実証された。多くの抗生物質に耐性で、レジン床によく付着して義歯性口内炎を引き起こすC.albicans(カンジダ菌)に対しても、リステリン®は有効であることが確認された。23)また、院内感染の起因微生物の代表ともいえるMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)をはじめとしてStreptococcus pyogenes(化膿レンサ球菌)、B型肝炎ウイルス(HBV)、消化性潰瘍の病原菌として注目され、口腔内からも検出される、Helicobactor pylori(ピロリ菌)に対しても、30秒間の暴露で死滅する事が明らかになった。34)近年我国でも大流行したウイルス性の胃腸炎対策として、大半の原因となるロタウイルスやアデノウイルス等に対する不活化作用を示すことも報告されている。25)

なるほど、色んな菌やウイルスに有効である事がわかりましたけど、今回の新型コロナウイルスの感染対策としてリステリンが有効かどうか、上の記事では分かりませんよね。でも、コロナウイルスに近い構造のインフルエンザウイルスに有効って書いてあります。あちこちでリステリンが新型コロナウイルスに有効だという話が囁かれていますが、その根拠となるのがここです。

診療前に含嗽の効果

ジョンソン・アンド・ジョンソン社では、「コロナウイルス株に対する試験を一切行っていない為、リステリンは新型コロナウイルスに有効であるとは言えない」という公式見解を示しています。
また、同じ理由で、歯科に於いて処置前の洗浄剤として使用する事の有効性を否定しています。

公に効くとは言えないと言われても、インフルエンザウイルスを30秒で不活化できるんだったらコロナウイルスだってできるだろ?いや、できない筈がないだろ?というのが歯医者サイドの主張・・・というか、コロナに限らず口腔内の色んな菌やウイルスを浴びる立場の歯科医としては是非ともそうあって欲しいという希望もあって、治療前にリステリンで含嗽して貰うという歯科医院が増えているようです。

家でだって使うべき

インフルエンザウイルスに効くんだったら新型コロナウイルスにだって効くはずだという理屈だけでなく、もしも新型コロナウイルスに効かないとしたってインフルエンザや肝炎が防げるんなら治療前に含嗽して貰う価値は十分にあります。
おまけに、カンジダ菌やむし歯菌や歯周病菌に有効だったら、治療前の含嗽でリステリンを体験して貰って、家でも使って貰えばいいじゃないの。という事で、うちでは患者さんにそう説明して、サンプルも持って帰って貰ってます。

タイトルとURLをコピーしました