歯が抜けたまま放置しておくとどうなるか

歯が抜けたまま放置しておくとどうなるか

欠損放置図

部分的に歯が抜けたまま放置しておくと、次の事が起きます。

1.奥の歯が手前に傾く
・咬む能率が低くなる
・不潔域が広がって歯周病のリスクが高まる

2.咬み合っていた上の歯が下に落ちてくる
・必要になって義歯等を入れようとした時に邪魔になる
・骨に植わっている部分が少なくなり力が加わった場合の負担に弱くなる
・不潔域が広がって歯周病のリスクが高まる

噛む能率が低くなるばかりでなく、周囲の歯が動いてしまいムシ歯なりやすくなったり歯周炎を起こしやすくなります。
周囲の歯の移動を防ぎ噛む能率の回復の為に義歯を入れる事をお勧めします。
義歯は取り外しできるタイプ(PD)と取り外しができないタイプ(Br)に大別されます。
両者それぞれ相反する利点と欠点を持ち、ケースによって使い分けることとなります。

歯が抜けているところの治療

周囲の歯の移動を防ぎ咬む能率を回復する為には、基本的には抜けたままで放置せず、歯を入れる治療をお勧めします。
抜けた部分に歯を入れる治療は、ブリッジ、義歯、インプラントに大別されます。

ブリッジ

ブリッジ

前後の歯を使って抜けている部分に入れる歯を固定する仕組みです。

1.前後の歯を削って冠等を入れられるよう削って形を整えます。
2.抜けている部分に入れる歯を冠等に繋いで作ったもの接着します。
※歯の抜け方によってバリエーションがあります

ブリッジの利点

1.違和感が小さい
歯が無くなる前とブリッジはほぼ同じ大きさになるので、違和感があまりありません。
発音に影響がある事もあまりありません。

2.咬む能率が高い
抜けている部分の前後の歯に協力に接着しますので、咬んだ時の力にロスが無く、高い咬む能率が実現できます。

ブリッジの欠点

1.前後の歯を削る必要がある
削る量を少なく抑える接着性ブリッジという方法もありますが、概ね、削る量と丈夫さは比例すると考えて良いと思います。ある程度、前後の歯を犠牲にしなければなりません。

2.清掃性が悪くなる
歯が抜けている部分に新しく入れる歯は前後の歯に固定されますので、歯磨きの際に邪魔になります。不潔域も広がりますので、清潔に保つには努力が必要です。

3.前後の歯の負担が増える
咬んだ時の力は全てブリッジを支える歯に掛かります。健康な歯であれば問題無い事が多いですが、歯周病で歯槽骨が少なくなっている歯をブリッジを支える歯にする事はできません。

義歯

義歯

歯にバネ材でできた金具(クラスプ)をかけて、抜けている部分に入れる歯を固定する装置です。
※歯の抜け方によってバリエーションがあります

義歯の利点

1.歯をほとんど削らずに入れられる
咬む力を歯に伝える装置(レスト)を引っ掛ける部分(レストシート)を削って作る必要がありますが、削る量は僅かです。
その他、便宜的に削らなければいけない個所があるかもしれませんが、削る量は僅かです。

2.清掃性が良い
清掃に邪魔な義歯は取り外して歯磨きができますので、残っている歯、外した義歯は容易に清潔を保つ事が可能です。

3.歯にかかる負担が少ない
義歯の設計にもよりますが、義歯を固定するのに使われる歯にかかる負担が少ないので、歯周病などで揺れている歯を使って義歯を固定する事も可能です(歯周病の程度にもよります)。

義歯の欠点

1.違和感が大きい
概ね、元の歯よりも大きな装置が入りますので、慣れるまで違和感があります。
義歯を装着する場所にもよりますが、発音に影響する場合があります。

2.咬む能率が低い
ブリッジと比較すると咬む能率は低いです。

3.清掃を怠るとむし歯ができやすい
歯に掛けたクラスプの周囲や義歯と歯の間に汚れが停滞しやすく、食後のお掃除を怠るとむし歯ができやすいので注意が必要です。

インプラント

インプラント

顎の骨に外科処置を行って埋め込んだ人工歯根に歯冠を取り付けたものです。

インプラントの利点

1.残っている歯への負担が無い
周囲の歯を削ることなく装着が可能ですので、他の歯を犠牲にする必要がありません。

2.審美性が良い
周囲の歯にかけるクラスプ等の金属部品を使わない為、審美性の回復が容易です。
※クラスプの無い義歯や審美性の高いブリッジもあります

インプラントの欠点

1.手術が必要
外科的に人工歯根を顎骨に埋入するために手術が必要です。

2.顎骨に依存する
顎の骨の量や質に影響を受けますが、足りない骨を補う手術もあります。

3.費用が掛かる
健康保険の効かない自費診療ですので、治療費が高額にななる傾向があります。

結論

上に大雑把に説明したように、歯が抜けている部分を補うには色々な方法があり、ケースによって、また考え方によっても適応が違います。かかりつけの歯医者さんと良く相談した上で自分に合った方法をチョイスして下さい。

抜けたまま放置が一番良くありません。どんな方法を採るにしろ、抜けたままより大分マシですが、一番良いのは歯を無くさないようにする事です。

タイトルとURLをコピーしました