筋トレ禁止なのにやってました

筋トレ

筋トレ禁止なのにやってました

僕は15年ほど前まで、太極拳の道場に通っていました。日本全国に支部を持つ大きな団体の本部道場で先代の会長に教えて頂いていました。
太極拳は筋肉の力に頼らずに気で戦う武道と教えられ、筋トレは禁止されていましたが、実は内緒で自宅トレーニングをやっていました。

大胸筋が欲しかった

その頃は僕もまだ若く、大胸筋や上腕三頭筋に筋肉が欲しかったからです。今じゃ腹が出てるのでTシャツなんか着られませんけど、Tシャツを格好良く着る為にはある程度の筋肉は必要です。
Tシャツだけでなく、ポロシャツやスーツを着る時も首や胸の筋肉は重要です。タンクトップで体を見せつけたい系ではありませんので、そこまでボリュームは必要ありませんが、貧弱な上半身は嫌だったので。
学生時代から筋トレについては勉強していたので知識があり、自宅で自分一人でやってましたが、目的が「Tシャツを格好良く着たい」程度ですので切羽詰まっておらず、どうしてもサボりがちになります。

今考えると、誰も褒めても叱っても励ましてもくれない環境で黙々と筋トレを続けるのはなかなか精神的にハードで、きちんと信頼できるトレーナーが付いてくれるトレーニングジムでやればもっと長続きしたかもしれないと思います。

今でも時々筋トレ

歳を食うと膝が痛いだの肘が痛いだのという症状が当たり前のように出てきます。
これはあくまでも他に心当たりが無ければの話ですが、
膝が痛いだの肘が痛いだのの原因は筋力の低下である事があります。というか、僕の場合いつもそうです。

コンスタントに続けてりゃ痛みも出ないんでしょうけど、痛くなったら「あ、やべぇ」と筋トレするあたり、患者さんには偉そうに「痛くなる前に来い」と言う資格無さ過ぎでしょう。
肘が痛い時はリストカール、膝が痛い時はスクワットで治ります(僕の場合は)。
そして痛く無くなったら筋トレをサボって自堕落な生活に戻るわけです。

勧めないけど思ってること

膝が痛いだの肘が痛いだの言ってる爺婆は、サメ軟骨とか摂取しないで筋トレやった方がいいんじゃないのか?世田谷生まれのなんちゃら摂取しないでまず筋トレ試してみろよと思いますが、原因は筋力低下とは限らないでしょうから無理にゃ進めませんけどね。
まあ、せめて勝手にサプリ飲む前に医者行けよという所でしょうか。

ダンベルが邪魔

本格的に筋トレやってた頃は、結構重いダンベルを使ってましたけど、今じゃもうそんなの持ったら怪我します。せいぜい、肘の痛みが出たら3kgを使う程度です。
なので部屋には使ってないダンベルや付け替えの重いプレートがゴロゴロしててなかなか邪魔です。
たまに足の小指がぶつかって悶絶します。何でいつも親指とかじゃなく、小指なんでしょうね?

結論

  1. 筋トレは褒めたり叱ったりしてくれる人のいるとこでやれ
  2. 爺婆はサプリ飲む前に医者に行くか筋トレしてみろ
  3. 筋トレにジムのダンベル使えば邪魔にならない

たぶんパーソナルトレーナーが付いてくれて、自分の年齢や健康状態に合ったプログラムで、個人人に合わせた目標で、上手く励ましたり褒めたりしてくれると続けやすいんだろうなぁなんて甘ったれた事思ってます。

 

タイトルとURLをコピーしました