N95神話

N95マスク

なんとなく凄そうなN95マスク

あくまでも僕のイメージです。
N95と聞くと、薬局で売ってる何となく頼りないサージカルマスクよりもずっと確実にウイルスを防いでくれる気がします。
一部メディアで専門家が「健康な人がマスクを使っても感染予防には役立たない」「マスクより手洗いだ」と言ってますけど、すんごい防護服着た人たちが着けてるぐらいなのでN95マスクは感染予防に効かないはずが無いように見えます。

N95とはなんぞや?

高性能の代名詞のようなN95とは、一体何なんでしょうか?

米国保健社会福祉省管轄下の疾病対策予防センターの1組織である国立労働安全衛生研究所(NIOSH)が定めた、マスクのフィルターの性能規格のひとつです。
実はN95はその規格の中でも最も低い基準で、「耐油性が無くサイズが0.3マイクロメートルの塩化ナトリウムの試験粒子を95%以上捕集できる」という事を表しています。同じく耐油性の無いカテゴリー(Not resistant to oil)では、N95より高性能を求められるN99とN100という規格があります。
また、耐油性があるカテゴリー(Resistant to oil)はR95、R99、R100、防油性があるカテゴリー(Oil Proof)ではP95、P99、P100がありますが、医療の現場で耐油正・防油性は求められない為、Nのカテゴリーが使われています。

N95マスクはそこいら辺のマスクと性能が違うのか?

薬局で売っているそこいら辺のサージカルマスクにポピュラーな規格が3つります。

  • BFE(細菌濾過率):黄色ぶどう球菌を使って調べた3マイクロメートルを対象とした濾過率
  • PFE(微粒子濾過率):ラテックス粒子を使って調べた0.1マイクロメートルを対象とした濾過率
  • VFE(生体ウイルス濾過率):大腸菌のみに感染・増殖するバクテリオファージを使って調べた0.1~5マイクロメートルを対象とした濾過率

このうち、BFEのみN95と比較して対象のサイズが大きいので、BFEの規格のみに沿ったマスクはN95マスクよりも濾過性能が落ちます。
しかし、PFEまたはVFEの規格に沿ったマスクはN95マスクとフィルターの濾過性能は同等か優っていると言えます。

隙間から洩れる

あちこちで良く言われるのは、「そこいら辺のサージカルマスクでは頬や鼻の周囲から空気が漏れるのでエアロゾル感染や空気感染を防げない」という事です。
そうおっしゃる専門家は、N95マスクならば漏れないから空気感染も防げる的な話に持って行きがちです。

既述の通り、N95もPFEもVFEもマスクのフィルターに限定した性能表示で、漏れる漏れないは別の話です。

一般的なサージカルマスクは構造が簡単で息が漏れやすいのは確かです。N95準拠を謳っているマスクは耳ひもに調節機能が付いていたりして、顔とマスクの隙間を無くすのに適した、形を含め凝った構造になっているものが多いようです。・・・その分、お高いですけど。なので、そういった意味でN95マスクの方が隙間ができないとか、感染を防げるというのは本当です。
但し、そんな凝った構造のN95マスクであっても、使う時にちゃんと隙間から漏れないかテストを行わないと意味がありません。

まとめ

N95マスク

そんなわけで、シールチェックで漏れが無いのが確認されたマスクは、N95であろうとPFE98%であろうと感染予防効果が高く、シールチェックしてないマスクはN95であろうとPFE98%であろうとエアロゾル感染や空気感染に対して予防効果が高くないという事になります。

そして、朝食をゆっくり摂る時間も無く電車に飛び乗る一般の人に、毎朝いちいちシールチェックしている時間などあろう筈がありませんので、蛇腹のサージカルマスクをがぼっと装着して通勤するのが妥当であろうと思います。

タイトルとURLをコピーしました