次亜塩素酸ナトリウムで消毒

新型コロナウイルスの消毒

エンベロープウイルスであるコロナウイルス(インフルエンザウイルスも同様)はエタノール消毒と次亜塩素酸ナトリウム消毒が有効です。
エタノール消毒については下の記事をご参照下さい。

消毒用エタノールについて
消毒用エタノールがドラッグストアの棚から消えています。消毒用エタノール、消毒用エタノールIP、無水エタノールと似たような商品がありますが、どこがどう違うのでしょうか?

次亜塩素酸ナトリウムは次亜塩素酸ソーダとも呼び、歯科ではヒポクロとかNCとか呼ばれて親しまれています。家庭でも、塩素系漂白剤として常備していると思います。
WHOが新型コロナウイルスの消毒には70%エタノールと0.1%次亜塩素酸ナトリウム水溶液を使えと早期からアナウンスをしていましたよね。

ここでは、次亜塩素酸ナトリウムの扱い方などを考えてみたいと思います。

キッチン用塩素系漂白剤(キッチンブリーチ等)の濃度

WHO様が0.1%とおっしゃってるので、さっそく0.1%の次亜塩素酸ナトリウム水溶液を作りたいところです。
身近なところで次亜塩素酸ナトリウムというとキッチン用だったり衣類用だったりの漂白剤、風呂のカビ取り剤がすぐに思い浮かびます。
特に、最近のドラッグストアではやたら安いキッチン用漂白剤が出回っていますので、自宅にもたくさんのストックがあります。さて、これの濃度はいかほどなんでしょ?とボトルの帯を見てみました。

キッチンブリーチ

キッチンブリーチのボトルに濃度が書いてない

自宅のキッチンの流し下を覗いたところ、販売元・製造元の異なる2種類のキッチンブリーチがありました。そのどちらをくまなく探しても、次亜塩素酸ナトリウム濃度が書いてありません。うーん、100円しない安物だから書いてないのか?と思って、最大手のブランドものを(サイトで)調べてみましたが、こちらも濃度の記述が見当たりません。

“とあるサイト”にはキッチンブリーチは濃度が5%であると書いてありましたが、どうなんでしょうか?

キッチンブリーチの使用方法から濃度を推測する

ふきん、台ふきん、おしぼり

<除菌(消臭)>
【使用量の目安】
5Lの水に30ml
(キャップ1杯25mlの場合は1.2杯、20mlの場合は1.5杯)
【使い方】
約2分つけおきした後、水ですすぐ。
<漂白(除菌・消臭)>
【使用量の目安】
5Lの水に30ml
(キャップ1杯25mlの場合は1.2杯、20mlの場合は1.5杯)
【使い方】
約30分(汚れがひどい時には少し長めに)つけおきした後、水ですすぐ。

まな板、食器、きゅうす、タンブラー、マグカップ、哺乳びん、お弁当箱など

<除菌(消臭)>
【使用量の目安】
5Lの水に50ml
(キャップ1杯25mlの場合は2杯、20mlの場合は2.5杯)
【使い方】
約2分つけおきした後、水ですすぐ。
※木製のまな板は5分以上つけおきする。
<漂白(除菌・消臭)>
【使用量の目安】
5Lの水に50ml
(キャップ1杯25mlの場合は2杯、20mlの場合は2.5杯)
【使い方】
約30分(汚れがひどい時には少し長めに)つけおきした後、水ですすぐ。

冷蔵庫の中

<除菌(消臭)>
【使用量の目安】
5Lの水に12.5mlの場合と5Lの水に10mlの場合があり、意見が分かれるところ。
【使い方】
液につけおきした布を絞り拭いた後、水拭きする。

ブランド品もパチもん・・・いえ、ジェネリック的な品も、書いてある内容は大体同じです。用途も同じなら希釈倍率も同じ。
って事は、どの製品も同じ濃度であると言えるでしょう。

キッチンブリーチ販売元に聞いてみた

ボトルにもウェブサイトにも、どこ探してもキッチンブリーチの次亜塩素酸ナトリウム濃度が無かったので、直接販売元に問い合わせてみたら、5%との返答がありました。疑ってごめんなさい、“とあるサイト”の方。

というわけで、ブランド品もそうでない品も、上記と同じ用途に対応する希釈倍率であるならば、それは5%であると言い切って良いという事になります。

0.1%次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方

消毒液の簡単な作り方をお教えします。
作りたいのは新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどに用いる消毒液ですので、欲しい濃度は0.1%です。
次亜塩素酸ナトリウム5%のキッチンブリーチを0.1%にするには50倍の希釈を行う必要があります。

ペットボトルのキャップは5mlなので、500mlのペットボトルの水にキャップ2杯(10ml)入れれば出来上がり。簡単ですね?

どうしてもキッチンブリーチのキャップで計りたい方は、ちょっと多めに作る事になります。それこそ、ボトルの説明にあるように5L単位です。
5Lの水にキッチンブリーチを100mlですから、キャップ1杯25mlの場合は4杯、20mlの場合は5杯です。5Lも作ったら豪快に使わないと余っちゃいますね?

0.1%次亜塩素酸ナトリウム消毒液の使用上の注意

やばいガスが出る

酸性タイプの洗剤等と混ぜると塩素ガスが出るので注意して下さい。

作り置きをしない

時間と共に自然分解し酸素を放って塩化ナトリウム水溶液(食塩水)に変化していくので、作り置きをせず、使う時に作るようにしましょう。

人体には不向き

皮膚に対する刺激が強いため、手指(しゅし)の消毒に使ってはいけません。

金属が錆びる

強い酸化作用を持ち、金属に対して腐食性がありますので、金属製品に使用した場合は使用後に十分な水洗いや水拭きが必要です。

衣服が漂白されちゃう

漂白剤ですから。

次亜塩素酸ナトリウム消毒液の使い方

消毒用エタノールと比べ使い辛い感じの次亜塩素酸ナトリウムの消毒液ですが、安価かつ大量にある事が利点です。
消毒用エタノール製品はドラッグストアの棚からすっかり消えましたが、キッチンブリーチは新型コロナウイルスとは無関係な素振りで大量に並んでいます。

使用方法は基本的には布等に含ませて拭くまたは漬け置く(浸漬)という使い方になるでしょう。刺激性の高いミストが散らばりますのでスプレーでの使用は適していません。
使用の際はゴム手袋やマスクやゴーグルを着用して防護を心掛けましょう。

利用対象ですが、ドアやドアノブ、スイッチ類、食器等。日頃の予防というよりも感染者が触れた個所を消毒するというイメージでしょうか。個人的な感想ですけど。

タイトルとURLをコピーしました