歯医者は痛くない・・・のか?

歯医者というと、痛いイメージがありませんか?

僕はあります。
僕の親は歯医者と関係がない職業だったため、子供の頃は当然、近所の歯医者さんで治療して貰っていました。歯医者は痛いので大嫌いで、先生の指を思い切り噛んだ事もあります。

予防歯科の知識が浸透していない時代でしたので、子供の頃の口の中は酷い状態でした。夜中に歯の痛みで大泣きしてました。
ある日、歯を何本も同時に抜かなくてはいけなくなった為、大学病院の小児歯科に行った時の事です。ユニット(治療椅子)の脇のシャウカステン(レントゲンを透かして見る電灯みたいなやつ)に貼ってあるバンビちゃん(鼻にちょうちょがとまっている)を見た僕は子供心に「こんな子供だましに引っ掛かるものか」と思った事を今でも覚えています。

幼稚園生の子供でも、案外冷めた目で周囲を観察するものです。
その場しのぎに「いたくないでちゅよー」とか言いながら痛いに決まってる注射を打って信用を無くすのなら、「チクッとしましゅけど、がまんちてくだちゃいねー」と言って注射を打った方がなんぼかマシだと思いますので、ここで明言しときます。

歯医者は痛いのか?痛くないのか?

結論:ちょっとは痛いかもしれない

曖昧な結論、すいません。でも、昔に比べると確実に痛みを我慢させるという事がなくなりました。
痛みを感じさせる事はあるかもしれませんけど、それを我慢させて治療を続けることはありません(僕は)。
昔なんか、「痛かったら手を挙げてくださいねー」とか言ったくせに手を挙げると「もうちょっとですからねー」とか取り合って貰えない事なんて、多々ありましたよね。
ていうか、それ以前に、僕が子供の頃は歯を抜く時以外は麻酔なんてして貰えませんでしたから。
今なんて、いちいち麻酔をします。しかも、その麻酔がほとんど痛くないんですよ(僕のは)。

接着技術の進歩

engine

歯医者があまり痛くなくなった一因に、接着技術の進歩が挙げられると思います。
昔は接着力が低かった為、詰めたものと歯との継ぎ目が弱点でした。一方、歯にはむし歯になりやすい場所が存在します。この継ぎ目とむし歯になりやすい場所が重なるとむし歯になるリスクが大きくなるので、「継ぎ目はむし歯になりやすい場所に設定しない」というお約束が存在していました。歯医者はみんな継ぎ目がそこに掛かりそうになったら余計に削ってむし歯になりやすい場所から継ぎ目を離していましたので、削る量が多かったんです。おまけに、型を採って金属を鋳造して詰める場合、金属に外れにくい形を与えたりとか、強度を確保する為に厚みを与えたりとか、何かにつけて余計に削らざるを得なかったんですね。

本当に削って取らなければいけない、柔らかくて細菌がウジャウジャしてるむし歯になった部分は感覚を失ってしまっています。要するに、削っても痛くないんです。
柔らかくなった部分を慎重に取り除いて、削る器具が健康な象牙質に接触すると、そこで初めて沁みるような痛みを感じます。削り過ぎを防ぐために、この部分を削る道具は、エナメル質を削る時に使うようなキーーーンって甲高い音を立ててエナメル質でも金属でもなんでもザクザク削れちゃうようなものではなく、切削能率の比較的悪い、健康な歯の部分はなかなか削れないようなものを使います。要するに、健康な象牙質の表面に当たっても、削るわけじゃなくって表面をゴロゴロするだけです。なので、接触しても激しい痛みが突然来るのではなく、沁みるような痛みがあるだけです。

接着技術が向上した現在、むし歯になりやすい場所と継ぎ目を離す必要がなくなりましたので、本当に削る必要のある感覚の無い部分だけを取り除けば済むわけです。要するに、麻酔をしないでもあまり痛みを与えずに、場合によっては全く痛くなく治療を終える事ができるようになっています。
もちろん、でかいむし歯はダメですよ。でかいむし歯は麻酔ナシでやったら、確実に痛みます。
おまけに、でかいむし歯は型を採って金属なりセラミックなりを填め込む治療をしなければいけませんので、健康な部分もある程度便宜的に削らないといけません。

タイトルとURLをコピーしました