歯医者おすすめの歯ブラシ

smallbrush

歯医者のおすすめ歯ブラシ

一般的に、歯医者のおすすめ歯ブラシは『ヘッドが小さめでブラシに特徴が無く柄がストレートのもの』が多いと思います。丁度、写真のような歯ブラシで、ヘッドが小さいと取り回しがしやすいという理由からです。

例えば奥歯の外側は、コリッコリに硬い頬筋と歯の間に歯ブラシを滑り込ませなければいけないので、でかい歯ブラシは不利だと思われています。
そして、どうせチマチマ角度を変えて一本ずつ磨くんだからでかい歯ブラシはいらんだろうと思われています。

そういう考えから、歯医者は患者さんにヘッドの小さな歯ブラシを勧めています。
僕も昔はそうでした。例えば歯ブラシにadult、young、child、babyなどと対象年齢が書かれている場合、自分の年齢層より一段低い歯ブラシを選べなんて言ってました。

ブラッシング圧

歯に歯ブラシを押し付ける強さを『ブラッシング圧』と言います。およそ100〜200gが適正と言われてるようですが、具体的にはさっぱり分かりませんけど、要するに強く押し付けちゃダメって事だろうと思います。

歯肉が傷付いてしまったり、毛が広がって歯に直角に当たらないので逆に磨く能率が悪かったりと、強く当てちゃいけないのは分かります。わかりますけど、ついつい強く当てちゃうものです。ぼーっとしながら磨いててハッと気が付くと結構な力でブラシを当ててることが多いです。

ブラッシング圧をコントロール

強く押し付けないように歯ブラシのネックに弾力を持たせたり、電動歯ブラシでは押し付けると赤いランプが点灯して警告するとか、歯ブラシメーカーはブラッシング圧をコントロールする為に色々工夫を凝らしているようです。

手を変え品を変えブラッシング圧をなんとかしようとするって事は、この問題に特効薬が無い事を意味します。

が、僕はブラッシング圧を適正に保つ効果的な方法を知っているんです。なぜなら、僕のブラッシング圧はかなり強いからです。

小さめのヘッドなんか使ってるからだよ

皆さん、歯医者おすすめのヘッドが小さい歯ブラシを素直に使ってる事と思います。ヘッドが小さいという事は、歯と当たる毛の本数が少ないという事で、歯と当たる歯ブラシの面積が小さいという事です。要するに、ブラッシング圧はその小さな面に集中しちゃうわけです。単位面積当たりの圧力はさぞかし大きなものでしょう。

でかい歯ブラシを使えばいい

力を弱めるのが難しいなら、ヘッドがでかいか植毛が密な歯ブラシで力を分散すればいいんです。
なので、僕はでかい歯ブラシが好きです。

でかい歯ブラシは確かに取り回しが悪く、例えば奥歯の外側を磨くのが難しいんですが、自分の歯がどういう風に生えててどういう形をしてるか把握してれば、磨けないほど難しい事はありません。(もちろん稀に磨けない状態に生えてる歯もありますけど)

奥歯の外側を磨くコツ

奥歯、特に上の一番奥の外側(頬側)を磨く時のポイントは「見ないこと」。

歯医者で歯磨き指導受けると必ず、「ちゃんと確認しながら磨け」って言われるでしょ?ちゃんと見えないから歯磨剤(歯磨き粉)使わないように指導するぐらいですもの。
でも、上の一番奥の外側なんて場所、無理して見ようとするとかなり口を横に引っ張らなきゃいけなくて、もうちょっと見たいなんて思って口を大きく開けたりすると更に見えなくなっちゃったりして、しかも見ようとすればするほど頬筋が硬くなっちゃって歯と頬筋の間に隙間が無くなっちゃうんですよ。

なので、ここを磨く時は絶対に見ようとしない事。「もう、ぜんぜん関心ありません」って素振りで口を閉じ気味(ぎゅっと咬んじゃいけません)に顎の力を抜いて頬をだらっと脱力して、ついでに目も半分閉じちゃうぐらいの勢いで力を抜くと、頬筋が緩んで歯と頬筋の間に歯ブラシを入れる隙間が生じるはずです。

ブラッシング圧なんて気にしない

でかい歯ブラシもしくは密な植毛の歯ブラシで、ブラッシング圧なんか気にする事なく容赦なく歯磨きができます。
ちっさなヘッドで100~200gだったら、でかい歯ブラシだと接触面積に応じた倍率で力が掛けられます。いや、そんなに意地になって力出す必要はないんですけど。

僕のおすすめ歯ブラシは

ヘッドが小さな歯ブラシで上手く力を抜いて磨ける方は、一般的な歯医者おすすめの歯ブラシを使って頂いて、もちろん結構です。それができるのが一番だと思います。
しかし、僕のように注意しても注意しても気付くと強い力で磨いてる方におすすめは、でかいヘッドか植毛の密な歯ブラシです。

ただし、密な植毛の場合、乾燥しにくく細菌が繁殖しやすいのでご注意下さい。昔の動物の毛に比べりゃ現在の歯ブラシは乾燥しやすいはずですけど。

最近、具合が良さそうな歯ブラシを見付けました。今現在、僕は電動歯ブラシを使っているんですが、ちょっと興味をそそられています。

タイトルとURLをコピーしました