妊娠と歯周病

妊婦検診

妊娠と歯周病の関連性

妊娠すると歯周病に罹りやすくなると言われています。
これは妊娠すると増えるホルモンが例えば歯周病菌を増やしたり、歯肉に炎症を起こしやすくしたりと、歯周病に対してマイナスに働くからです。
また、妊娠初期に表れるつわりによってお口の中を清潔に保ちにくくなる事や、飲食の頻度が高まる事などが歯周病だけでなく、むし歯のリスクも高める結果となります。

妊娠中のプラークコントロール

プラークが無ければ炎症は起きない

いくらホルモンが影響しようとしても、火種がなければ炎症は起こりません。
お口の中のトラブルの火種に相当するのが、プラーク(=歯垢)です。妊娠していない時も日頃のプラークコントロール、要するに自宅での歯みがきは重要ですが、妊娠中は更に気を付けなければいけないという事です。

妊娠性歯肉炎

妊娠中に歯肉炎が起こると、原因が妊娠にあるか否かに関わらず・・・というか確かめようが無いので便宜的に妊娠性歯肉炎と呼びます。確かに「妊娠性か?」と思うほど普通の歯肉炎より炎症が大きいんですが、これも徹底したプラークコントロールによって消炎する事が可能です。
もっとも、妊娠性の歯肉炎であれば出産後には落ち着くものなんですけど、だからと言って妊娠性か否か判別できないものを出産まで放置しておくわけにもいきませんので、何にせよ、プラークコントロールを一生懸命するよう指導することとなります。

歯肉炎と歯周炎

炎症が歯肉に止まっている歯肉炎の場合は、炎症の原因が取り除かれればリセットされて元の状態に戻ります。しかし、炎症が歯槽骨(=歯を支える骨)にまで及ぶと歯周炎と呼ばれるようになり、歯周炎によって失った骨は容易には元に戻らなくなります。つまり、歯医者としては妊娠性か否かにかかわらず歯肉炎のうちに対処せざるを得ないという事です。

歯周病と早産

妊娠なさってらっしゃる方は、「歯周病によって早産が引き起こされる」という話を各所で耳にする事と思います。
僕もそう聞いていました。

歯周病があると早産のリスクが示唆されているらしい

業界の大きな権威ある団体の公式発表であるとか、メディアの報道であるとかを見る時に覚えておいた方が良いコツがあります。
それは、「~と言われている」とか「~の可能性が示唆されている」または「~の可能性がある」「~らしい」「~だそうだ」、他にもありますが、これらで締め括られている話は、本当かどうかはっきりしていない話という共通点があるという事を踏まえて記事を読む事です。
おまけに、権威ある団体の公式発表を曲解した僕のコレみたいな個人サイトでは、せっかく権威ある団体がボカシた言い方をして断言してないのに、曲解した結果、断定的な言い方で記事を掲載してしまう傾向があります。なので、僕のコレみたいなサイトは例え断言してたとしても疑って読んだ方が賢明です。
という事で、歯周病と早産の関係は、実ははっきり分かっていないようです。統計的な数値は出ているのですが、早産というものは他の色々な要因が複雑に絡み合った結果であるらしく、産婦人科の偉い教授に聞いた話では、断定はできないという事でした。

お気付きかと思いますが、僕のこの記事自体、「~らしい」とか「~だそうだ」てんこ盛りですね。なので、その程度にご覧ください。

脅しちゃいけないけど

はっきりしていない事を、さも根拠がある事のように話して妊婦さんを心配させるのは良くない事だと思いますが、結果的に歯周病が減って、皆さんが快適な生活を送る事ができるようになるのは、歓迎すべき事でしょう。この場合は嘘じゃないでしょうけど、嘘も方便という言葉通りです。

多くの産婦人科の先生は麻酔も投薬も安定期であれば行えるとおっしゃるので(歯医者としてはあんまりいじりたくない)、妊婦さんの場合、歯科の治療はタイミングが重要になります。「歯周病が赤ちゃんに悪影響があるかもしれない」と心配になって検診を受けた妊婦さんにむし歯が見つかって早期に治療ができたら、それはそれで結構な事です。

妊婦検診や妊婦歯周疾患検診などを各自治体が補助を行って実施していますが、それにはこんな意味があるんですね。

先日は、妊婦検診で見付けた『でかいむし歯の親知らず』を抜きました。僕はなるべくだったら抜きたくなかったんですけど、産婦人科の先生に相談させたら「抗生剤はセフェム系、鎮痛剤はカロナール。抜いて来い!」と送り返されちゃってイヤイヤ抜きました。幸い術後の経過も良く、ほっと胸を撫で下ろしているところです。

タイトルとURLをコピーしました