歯磨き3つの原則

歯磨き3つの原則

ちゃんと考えれば、歯磨きはそんなに難しくありません。 たった3つの原則を守るだけです。

磨きたい面に対して直角にブラシが当たると汚れを取る能率が高い

考えてみて下さい。どこか平面をブラシでお掃除する時のこと。 例えば風呂の床をブラシで磨く時、ブラシの毛を磨く面と平行に当ててぬるぬると擦る人っていませんよね?全ての人が床面と垂直にブラシの毛を当ててシャカシャカ音を立てて磨きますよね? 皆さん、経験的にも直感的にも垂直に当てた方が汚れが落ちるって事をご存じのはずです。なのに何故、それを自分の歯に適用できないんでしょうか。

風呂の床は、割と単純な平面で、わずかに目地の部分がタイル面よりも凹んでいて、その脇に1ミリにも満たない高さの垂直な部分、タイルの側面がありますが、ま、大体、平面と捉えてブラシ掛けを行えばおおよそ綺麗になります。 しかし、歯はもっと複雑な形をしています。 磨いているのに磨けていない方のほとんどが歯の形の認識が正しくできていません。自分の歯をサイコロとか麻雀牌のような形まで単純化して捉えているようです。きっちり直角じゃないと汚れが落ちない訳じゃありませんので、効率を考えるとある程度単純化して磨かないといけませんけど、麻雀牌は単純にし過ぎ。せめて球体ぐらいに考えて頂かないと。

歯を球体と考えて、歯ブラシが当たる光景を想像して下さい。 本当に直角に当たるのはほんの一点で、その一点から遠ざかるにつれ毛の当たる角度は浅くなって行き、側面においては毛と完全に平行になります。 毛の当たる角度が何度ぐらいで磨けていないと言えるぐらい能率が低くなるのか知りませんけど、その磨けていない部分に対して歯ブラシが当たる角度を直角に近くなるよう努力すれば汚れが取れるって事ぐらいは分かります。 その磨けていない部分を可視化するのに必要なのが、歯垢染色液です。こいつを使った時に色が残っている場所が、歯ブラシの毛が直角にあたるよう角度を調整しなければいけない部分です。その他は今まで通りで構わない部分。

burush03

何度か普段通りに磨いた後に歯垢染色液を使ってみると、毎回同じような個所に色が残る事に気付くはずです。たぶん、歯の根元近く。または、脇から根元にかけての面。 どこに色が残るか覚えて、歯ブラシをどう当てたら色が落ちるのか分かったら、いちいち歯垢染色液を使う必要はありません。その後はたまに確認の意味で染めてみればいいだけです。 もちろん、全ての面に対して直角なんて無理です。実は3番目の原則がいちばん大切で、それを優先する為には直角をあきらめなければいけない場所もあります。

細かく動かした方が狙いを定めやすい

でっかく動かすと狙いがブレて磨きたい場所が磨けないだけでなく、歯肉を傷つけちゃったりします。 何本も一度にごっそり汚れを落としたいと思う気持ちは分かりますが、そうはいきません。 自分の歯を鏡に映してご覧頂くと分かると思うのですが、歯と歯肉の境界の高さは歯によってまちまちです。それぞれ高さの違う境界部分の歯を正確に磨くためには、チマチマ動かす必要があるわけです。そして既述の通り、歯は球体に近いわけですので、角度を変えてチマチマ動かす必要があるわけです。

歯ブラシが当たっていない所は磨けない

何を当たり前の事を・・・と思うでしょうけど、わざわざこれを原則に入れるって事は、当たってないのに磨いたつもりになっちゃってる方が多い場所があるって事です。 例えば、下の奥歯の裏側。 ここは、下の前歯に邪魔されて歯ブラシが根元に当にくい場所です。直角に当てようとすると、一番磨きたい根元部分から歯ブラシが離れてしまいます。 なので、ここは45度ぐらい、斜めに当てるつもりで磨くのが正解です。直角に当てるよりは能率が落ちますが、当たってないよりずっとマシ。能率が落ちた分、時間をかけて磨けばOKです。

burush01

タイトルとURLをコピーしました