むし歯を削って詰める理由

歯医者さんに行ってムシ歯が発見されたら、または自分でムシ歯だと思って歯医者さんに行ったら、何の疑いもなく削って詰めるという処置を受けるのが普通だと思います。
患者さん側の態度としてはそれで大変結構なんですけどね、治療の度にいちいち「そもそも論」が始まると面倒っちゃあ面倒ですので。

本来ならばこれから説明する事を患者さんに事前に話して同意を得た上で行うのが正しいのでしょうが、それがまさしくむし歯の治療であって、それを受けに患者さんはわざわざいらっしゃるわけなので、『前提』とした上で説明を省かせて頂く場合も多いと思います。

“むし歯を治す=歯を削って詰め物をする”為に来てる人に向かって「歯を削ってもいいですか?」って聞いたら「は?」となりますよね。でも本当は下記のようなきちんとした理由があって削ったり詰めたりしてるんです。

inlay

むし歯を削る理由

1.ムシ歯が進行したり再発したりしないようにする為
2.詰め物をする為

むし歯になった歯は、カルシウムなどのミネラルが抜けて有機成分だけになっていますので、柔らかくなります。むし歯で柔らかくなった歯の中には細菌がウジャウジャいるんですが、その細菌を抗生剤で殺すとか不活性化するとかして、柔らかくなった歯が再石灰化するのを待ってから詰め物をするという考え方もありますが、それは割と少数派で、ほとんどの歯医者は細菌がウジャウジャの柔らかくなった歯を取り除いて硬い部分だけにした後に詰め物をするという治療法を選択します。

詰め物をする場合、柔らかい部分が残っていると詰めたものがきちんと接着してくれないので、すぐに外れたり咬むと痛かったりむし歯が進行したり再発したりという事が起きてしまいます。なので歯医者は慎重に柔らかくなったムシ歯部分を取り除きます。
その場で詰めて固めてしまえるような材料を使う場合、詰める時は柔らかで光を当てると固まったり時間が経つと固まったりという性質を持っていますので、入口が小さくて奥が広がってるような穴でも詰める事ができますから、ムシ歯部分のみを取り除けば済みます。
型を採ってお口の外で詰め物をあらかじめ作っておいて填め込んで接着するという治療法の場合、入口が奥よりも開いていないとピッタリ詰められませんし、詰め物に外れにくく壊れにくい形を与えなければいけません。なので、その分、ムシ歯になっていない部分も便宜的に削る必要があります。
もちろん、なるべく削らない方が良いに決まっていますが、詰める材料の強度やムシ歯の形によっては、お口の外で作らざるを得ない場合も多々ありますので、どういう方法を採るのかはもちろん説明しますけど、最終的なところは歯医者に任せて頂く他ありません。

詰め物をする理由

1.掃除をしやすくする為
2.歯髄を保護する為
3.咬む能率を回復する為
4.見た目を回復する為

穴が開きっぱなしだと、穴の中を奇麗にお掃除する事ができません。ただでさえ磨けない所為でむし歯になったんですから、穴なんか開いてたらなおさらです。穴が開きっぱなしだと中でまたむし歯ができるに決まってますし、穴の中で繁殖した細菌の産生物は口臭の原因になりますので、お掃除しにくい所を無くすように穴を詰めてしまいます。

少し大きめの穴の場合、冷たい刺激や甘い刺激で痛みを感じます。場合によってはその刺激が快適な飲食の妨げになりますし、刺激によって神経が炎症を起こしかねません。よって、穴を詰めて神経を保護する必要があります。

また、穴が開きっぱなしだったり歯が崩れっぱなしだったりすると、ものを咬む能率が悪くなります。これを回復するように、歯を元の形態に戻します。

例えば前歯に大きな穴が開いていたり欠けていたりすると格好悪いので、元の状態に近く形を整えて見栄えを良くする事も重要です。

タイトルとURLをコピーしました