ルシェロの使い心地ってどうなの?

ルシェロってどうなの?

ルシェロの使い心地ってどうなの?

『ルシェロ』というのは、歯科器材のメーカーで(業界内で)有名なGCという会社がリリースしている歯磨き用品ブランドです。実はここの歯ブラシも使いやすいです。ここでは、ルシェロのフロッサーの使用感をお話しします。

フロスの糸が秀逸(らしい)

マイクロファイバーを応用しているので、プラーク除去能力がヤバいらしいです。
僕が使った感じでは、他の会社のデンタルフロスとの違いは分かりませんでした。が、もちろん特に劣っている感もありませんので、普通に使っています。

ハンドルが持ちやすい

ハンドルが平たくないのが特徴です。コロンとした触り心地で摘まみやすく、回転させたり角度を変えてもその摘まみやすさは変わりません。

ヘッドの可動性が秀逸

お口の中全体を通して一番お掃除がしにくい場所が、上の一番奥と奥から二番目の間です。歯科医の僕がやったってデンタルフロスを通すのも苦労しますし手が唾液でベチャベチャになりますし、歯間ブラシを入れるのも、なんだか歯肉に刺さりそうで怖い場所です。もちろん歯科医ですから、自分の歯がどういう風に並んでいてどういう形かというのは熟知しています。それでも掃除がしにくい場所です。
それが、このルシェロのフロッサーのヘッドを90°にコキコキッと角度調整して入れると、なんとも呆気なくフロスを通すことができるのです。これは控えめに言っても感動ものです。

実はここの場所、単に掃除がしにくいだけでなく、年を取ってくると歯と歯の押し合う力が少なくなって物が挟まりやすくなります。ずっと挟まっていると歯肉にダメージが加わりますし、むし歯だって心配で、何より詰まった感が鬱陶しく気になります。なので、ここの掃除ってのは僕ぐらいの歳になると頻繁に行いたくなるものです。お掃除が楽になるとストレスが随分少なくなります。

また、ヘッド部分は交換が可能で、ヘッドだけを買い足して交換しハンドルを長く使い続ける事が可能です。
ただ、携帯性が良くないので、仕事場と家にそれぞれ買い置きをしておいた方が良いでしょう。

ルシェロのデンタルフロス

正直言って、どこのデンタルフロスでも同じようなもんだと思いますが、既述のようにマイクロファイバーを使ってたりとか、持ち心地がコロンとしてて色が綺麗だとか、そんな理由で使い続けています。
自宅や職場で、部屋ごとにあちこち色んな色がコロコロ転がってます。

タイトルとURLをコピーしました