喫煙と歯周病

喫煙と歯周病

喫煙は歯周病のリスクを高めるらしい

以下、厚労省の情報提供サイトからの引用です。

たばこの煙や成分は、口の中に入ると粘膜や歯ぐきから吸収されます。吸収されたたばこの有害物質は、血管を収縮し、歯ぐきの血流量を減少させます。血液循環が悪化して歯ぐきに十分な酸素がいきわたらなくなると、歯周ポケットの中で歯周病の原因となる細菌が繁殖しやすくなります。細菌が産生する毒素は歯周ポケットをさらに深めるとともに歯を支える骨を溶かし、進行すると歯がぐらぐらするようになり、さらに進むと歯が失われます。歯ぐきからの出血は、炎症という正常な生体防御反応のサインですが、喫煙者では血管収縮による血行不良により炎症が抑えられるため、歯ぐきの出血や腫れが現れにくいことが特徴です。

ガツン!と何か特別に悪そうなタバコの成分が歯肉に影響して歯周病を加速するとか、歯槽骨を破壊するとかって話だと思ってたら、案外、風が吹けば桶屋が儲かる的な遠回りな影響なんですね?
ほんとですか?こじつけじゃないでしょうね?と、ついつい疑ってしまうのは、たばこを止めた今でも“心は愛煙家”だからです。
兎に角、厚労省が悪影響と言ってるんだから悪影響なんでしょう。

確実に喫煙の影響

歯周病に関しては、喫煙が原因かどうかを明確に診断する事は臨床では無理です。
喫煙だけで歯周病が起きるわけではなく、そこに清掃状態が悪いという条件が無ければ、喫煙していても歯周病にはならないでしょうし、非喫煙でも歯周病が発生します。
統計的に喫煙したからリスクが増えると言われても、臨床で現在ある歯周病が喫煙していなかったら起きなかったかどうか、起きたとしても今より軽いかどうか、比較ができません。

しかし、喫煙者の口の中を見てると、こりゃ間違いなくタバコが原因だな!と思う事が2つだけあります。逆に言うと、これを見れば「あんた、たばこ吸ってるね?」って分かるわけです。
だからと言って、特に深刻な問題があるわけじゃないんですけど。

歯に着色

皆さんご存知でしょう、いわゆるヤニです。たばこを吸う方の下の前歯裏側にべっとり付いてます。

厚みがあって、他のステインと比べると少し粘り気があります。お茶やワインやコーヒーのステインは、回転ブラシに研磨剤を付けて磨くだけで簡単に落ちますが、ヤニはまず超音波の振動で歯石を砕いて落とす超音波スケーラーを使うか、手用のスケーラーでカリカリ落としてから研磨しないと綺麗になりません。結構、手間が掛かって疲れます。

僕は喫煙者の味方ですので歯石を取って歯の表面を磨くついでにサービスでヤニも落としちゃいますけど、たばこが嫌いな歯医者だったら、有料でクリーニングするんだろうなと思います。

歯肉の色素沈着

一般にはあまり知られていない事かもしれませんが、喫煙者の歯肉、歯と歯肉の境目から少し離れたあたりに色素沈着が起こります。
笑った時に歯肉の見える人と見えない人がいますが、いわゆるガミースマイルと呼ばれる歯肉ががっつり見える人の場合、色素沈着を起こしているとあまり爽やかでない印象を見た人に与えるかもしれません。

レーザーや薬液でピーリングして明るいピンク色の歯肉に戻す事ができるようですが、たばこを吸い続ける限り、いずれまた色素が沈着してくるでしょう。

また、本人の喫煙だけでなく受動喫煙でも色素沈着が生じるらしいです。

タイトルとURLをコピーしました