東京都からマスクの差し入れ

東京マスク

東京都からマスクが届きました

今回も歯科医師会経由ですが、今回は歯科医師会に入ってない歯医者さんにも同様に配られます。
歯科医師会に入ってない歯医者さんは歯科医師会事務所にマスクを取りに来るという配布の仕方なんですが、どうなんでしょう?歯科医師会に入ってないくせに歯科医師会の手を煩わせてまでマスク受け取りに来るんでしょうか?僕だったらそんな自分勝手な事は恥ずかしくてできません。ま、当然の権利とばかりに堂々とマスクを受け取りに来る方もいらっしゃるでしょう。考え方は人それぞれですので責めるつもりはありません。

思い切り中華なマスク

一体どんなマスクくれたんだろう?と当然気になります。更に、マスクのスペックにはうるさいので、どの程度の性能なのか気になります。
黙って貰っておけば良いものを、わざわざ歯科医師会事務所にマスクの銘柄を教えて下さいとメールしました。めんどくさい奴ですよね。
その返事が上の写真・・・正確に言えばスキャン画像です。

事務員の話によると、中国製なので銘柄もスペックも読めないという事で、スキャンしてパッケージの画像を送ってきてくれました。

・・・いや、読めないんじゃなくて書いてないっぽい。

日本で買えるマスクの大半が中国製である事は承知していますが、ここまでガッツリ中華なマスクは初めて見ます。どうやら、中国大使館が寄付してくれたらしいです。とてもありがたい事です。

一世帯にガーゼマスク2枚

マスクと言えば、総理が最近これみよがしに着けてる、ちょっと小さ目のガーゼマスクを一世帯に2枚配るっていう計画はまだ続いているんでしょうか?

世間はガーゼマスク2枚かよ!と冷たい反応ですが、僕はあながち間違ってはいないと思っています。

最終的に日本の感染者数や死亡率がどのようになるのか分からないので軽々しくは言えませんけど、現段階で他の欧米諸国と比較して数字の間違いじゃないの?と思うほど感染者数や死亡者数が少ないです。
これについては色々な意見があるようで、もちろんいくつかの要因が絡み合っている可能性もありますが、僕は日本では早い時期からみんなマスク着けていた事が理由の一つになっていると思っています。「無症状のキャリアが自分の身を守ってるつもりでマスクを着けていたのでウイルスをばら撒かなかった」という事です。

なので、身を守るにはスカスカでウイルス通過し放題のガーゼマスクであっても、でかい飛沫がダイレクトに対面する人の口に飛び込む量をお互いに減らす事ができるのですから、無いよりはずっとマシ。たぶん、世間一般の人が思ってるよりも新型コロナウイルス拡散防止に効果があるんじゃないでしょうか。それを一般の人がきちんと理解すれば、市場のサージカルマスク需要が減って医療現場にマスクが届く可能性が増します。・・・と言っても、医療現場でのほんとに必要なマスクはいわゆるN95を謳う高性能マスクなんでしょうけど。

ちなみに、Twitterで「ガーゼマスクいらんから医療現場にあげてくれ」という献身的な言葉を良く聞きます。たいへん尊いご意見だと思いますが、たとえ新型コロナウイルスと直接的な関係のない医療現場でもガーゼマスクは使いません。なのでどうぞ、ガーゼマスク2枚受け取ってしっかり使って下さい。

東京マスクを使うか否か

歯科医院であっても日本マスク(ガーゼのマスク)は使いません。たぶん、どんなにマスクが不足していても。
ご存知の通り、歯科では歯を削る時に発生する熱を冷まし削った粉を洗い流す為に水をスプレーしながら削ります。その水をバキュームという吸引装置で吸いながらやりますが、吸い洩れた飛沫が結構盛大に飛び散っています。その飛沫には歯の削りカスだけでなく唾液だったり血液だったり食べカスだったりが必ず含まれますので、患者さんが新型コロナウイルスに感染している場合、肺とか喉とかから直接来た飛沫じゃないにしろ、高い確率でウイルスが含まれる事が予想されます。それがガーゼのマスク表面に付いたら、瞬く間にシュン!とガーゼに吸い込まれてしまいます。結果、歯を一本削ったらマスクの表面は水分でしっとり状態になる筈です。そんな状態で1日治療を続けたら、温い湿った環境で更に色んな病原体が繁殖してるに決まってますから、たちどころに歯医者は病気になってしまいます。

一方、一般的なサージカルマスクと呼ばれる医療用または外科用のマスクは、オモテ面に防水性を持たせて飛沫や血液が浸透しにくいようになっています。

で。
問題の東京マスク(思いきり中華な)について、血液不浸透性があるのかどうか、飛沫は防いでくれるのか、飛沫核は防いでくれるのか、さっぱり分らない状態での使用は不安です。たぶん無頓着な大多数の歯医者は気にしないかもしれませんけど、僕はめんどくさい奴なんで、たぶん余程困らなければ使わないと思います。
無頓着な歯医者は前回歯科材料屋さんが差し入れてくれたマスクを分配したビニール袋を何の疑いも無く文句も質問も無く受け取っていましたので、今回も同様でしょう。
その意味では随分助けられたと言えるんじゃないでしょうか。ありがとう東京都。ありがとう大使館の人。

※今はまだこのマスク受け取っていません。たぶん、後で貰って来ると思います。

タイトルとURLをコピーしました