デンタルフロスの使い方間違ってませんか?

デンタルフロスの使い方間違ってませんか?

デンタルフロス

歯の間をお掃除する為の糸をデンタルフロスと言います。
皆さん、案外使い方を間違ってらっしゃるので、正しい使用方法をお話ししましょう。
面倒臭いデンタルフロスをどうせ使うなら、正しい方法で効率よくお掃除した方が良いに決まってますよね?

デンタルフロスの張り方

ボックスの中に巻かれて収納されている糸を30センチぐらい引き出して切ってから、両手の中指に二重ぐらいに巻きつけてピン!と張っります。

歯同士が接触している場所の通し方

歯同士が接触している場所を通すにはピンと張る事が肝要ですが、そこは皆さん大丈夫。ちゃんとピン!と貼って、糸ノコを引くように動かしながら上手に糸を入れられます。

問題はそこから先です。

デンタルフロスを歯間に入れた後

まずはピン!と張った糸を緩めます。そして、磨きたい歯の側にデンタルフロスを巻くように押し付けます。
ピン!と張ったままだと、歯を線で掃除する事になりますので、効率を高める為、少し巻き付けて歯との接触面積を増やして面で掃除を行います。
この作業を行っていない方が結構いらっしゃいます。

デンタルフロスを上下に動かす

張りを緩めて歯との接触面積を増やしたデンタルフロスで歯を上下に擦ってプラークを取ります。
この時、背中を洗うみたいに横に擦ってらっしゃる方が多いので、注意が必要です。繊維に沿って擦るより繊維に逆らって擦った方が清掃効率が高いので、上下に擦ります。

もちろん、上下に擦るゆとりの無い隙間もあるでしょう。そういう場合は横に擦ります。当然、清掃効率は下がりますので、他の場所よりも少し長めに動かしましょう。

デンタルフロスのおすすめは?

プラスチックのハンドルにあらかじめ張ってある『糸ようじ』のようなタイプは奥に届かせやすい反面、張力がコントロールできなく、主に張りが緩い傾向があるので、歯と歯の間がきつい場所にフロスを通す事が困難です。
一方、オーソドックスなデンタルフロスは指に巻き付けて使うので、奥に届かせにくい以前に、奥の方に指を突っ込んで、唾液で指がベチャベチャになる欠点がありますが、張力のコントロールが容易です。
僕はオーソドックスな方を勧める事が多いです。

糸をワックスで固めてあるか、ノンワックスか、ノンワックスでしかもほぐしてあるか、など色々バリエーションが多いのですが、全て好みで選んで結構です。

ブリッジなどの連結部分を磨くのには『フロススレッダー』という、針の糸通しみたいな道具を使ってオーソドックスなデンタルフロスを通すか、フロススレッダーが一体化しスポンジ状に太くなった『スーパーフロス』の使用をお勧めします。

実感!

で、ここまでの流れを総括すると、オーソドックスなデンタルフロス、ワックスは付いてても付いて無くてもOKって事なんですけどね、ここから先は実際に自分で使ってみた感想なんですが、下に商品リンクを作成したツールが抜群に使いやすいんですよ。何年も前から、患者さんにはオーソドックスなデンタルフロスを勧めていながら、自分では主にこれを使ってました。ごめんなさい。でも、オーソドックスなデンタルフロスも併用してますので、証拠にマイ・フロッサーの写真とマイ・フロスの写真を別記事で載せておきます。
そして、使い方で重要な点は嘘じゃありません。

タイトルとURLをコピーしました