ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

ご存知の方も多いと思いますが、まず、ホワイトニングについて大雑把な話をしておこうと思います。

ホワイトニングとは

ホワイトニングの概念は少しづつ時代に合わせて変化しているように思います。一般の方の意識も変わってきていますし、歯科の意識も技術も変わってきています。

昔は・・・と言うと年寄り臭いようですが・・・変色してしまった歯の色を元に戻すというような意味合いで使っていました。

経年変化で元は白かったのに黄ばんでしまったとか、神経を取って色が変わってしまったとか、子供の頃に使った抗生剤が原因で色が変わってしまったような歯を元に戻すというコンセプトでした。
現在ではテレビに映るアナウンサーや芸能人がみんなホワイトニング済みの真白い歯が当たり前になってしまったので、“元に戻す”というよりは“元より更に白くする”という風に患者さんの要望が変化しています。
僕も昔は元の状態よりも白い歯を望むなんてと思っていましたが、最近では白い歯を見るのに慣れてしまい、テレビを見て芸能人の歯が黄色いとその色が普通の範囲内であってもホワイトニングすればいいのになんて思うようになってしまっています。

基本的には、研磨剤を用いて歯の表面に付いたステインを落とす事から始まり、マニキュアみたいに樹脂を塗ったり、歯を削った上でセラミックをかぶせたり貼り付けたりする事まで、ホワイトニングと考えられています。

ブリーチング

そのホワイトニング法の一つとして歯の漂白(ブリーチング)があります。世間的には、ホワイトニングと言えばこのブリーチングを指す事が多いようです。

歯周病の治療として高濃度オキシドールを使ったら歯が白くなっちゃったというのがそもそもの始まりであったと30年以上前に初めてブリーチングを勉強した時に教わりましたが、真偽は確認していません。

その時は30%の高濃度過酸化水素水(オキシドール)とホウ素を自分で練和して、たまに希望する患者さんに使っていました。冷蔵庫で保管するのですが、オキシドールの気が抜けちゃうのが早かったイメージがあります。

指に薬剤が付いちゃう事があって、やがて元に戻るんですけど、真っ白になってピリピリと刺すような痛みが最近の薬剤よりも強かった記憶があります。

ここから先、世間一般に倣いブリーチングをホワイトニングと言い換えて話を進める事ご了承下さい。

ホワイトニング法

ホワイトニングは以下の3つに大別されます。いずれも使う薬剤は過酸化水素や過酸化尿素を利用したものです。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。

後述のホームホワイトニングよりも幾分濃度の高い薬剤を用いて行います。ほとんど1〜2時間一回の施術で終了します。

ホームホワイトニング

歯科医院で作ったトレー(マウスピースみたいなやつ)に自分でホワイトニング剤を入れて、自宅で行うホワイトニングです。

オフィスホワイトニングよりも濃度の低い薬剤を使い、基本的に毎日2時間、数週間続ける必要があります。

ウォーキングブリーチ

歯髄が死んでしまうと歯に変色が起こる場合がありますが、その際に歯の内部に1週間ほどホワイトニング剤を封入して行うホワイトニング法です。

以前は保険適用でしたが、現在は保険が効きません。市販のホワイトニング剤の注意書きにはウォーキングブリーチに使用するなと書いてありますので、一般的には行わない傾向にあるようです。きっとリスクがある所為だと思いますが、今度ホワイトニング剤を作ってるメーカーの開発者に何故なのか聞いときます。

ホワイトニングのリスク

 

ウォーキングブリーチを除き、害は無いと言って構わないと思います。以前のホワイトニング剤は酸性だった為、歯にダメージを負わせるリスクがありましたが、近頃の中性に調整されているホワイトニング剤を使えばダメージは無いようです。
以前はホワイトニング中はカレー食っちゃいかんとか、コーヒー飲んじゃいかんとか言われてましたけど、中性のホワイトニング剤を使用する場合、そういう制約もありません。
また、以前はホワイトニングを行うと知覚過敏が起こるリスクがあり、知覚過敏の症状が認められたらそこで一旦ホワイトニングは終了と考えられていましたが、現在の中性のホワイトニング剤ならば知覚過敏は出ないという話です。

タイトルとURLをコピーしました