究極のヤマシン・フィルタマスク

ヤマシン ナノフィルター

究極のヤマシン・フィルタマスクを買ってみた

日々、飛沫の中で仕事をしている身なので、マスクの性能については神経質にならざるを得ません。新型コロナウイルス感染拡大第2波に備えて東京都から1000枚のマスクを貰いましたけど、正直言って、税関を楽に通すために医療用じゃないマスクとして輸入して後からPFE高確率ですというシールを貼ったようなマスクに、はいそうですかと命を預けるのには不安があります。
なので、日々、より高性能なマスクは無いか、より快適なマスクは無いか、ネットで調べまくっています。

先日、フィルタメーカーであるヤマシンフィルタ株式会社が作成したマスクがある事を知りました。
荷電する事によって荒い目でも小さな粒子を吸着して通さないフィルタを使った一般的な不織布等のマスクは、呼気の中の湿気などの所為で徐々に濾過性能が落ちるらしいのですが、このヤマシン・フィルタマスクに使われているフィルタはそもそも目が細かいので物理的に小さな粒子を通さないという構造らしいです。細かい目だと空気も通りにくそうですが、そこは微細なゴミは通さないでオイルは通すというオイルフィルターを長年作ってきた技術力なのでしょう、荷電に頼らずに高い濾過性能を実現しながら呼吸の抵抗も少ないというフィルタに仕上げているようです。

荷電に頼っていないので、濾過性能は水分やアルコールの影響を受けず、洗濯によって複数回再利用が可能であるという特徴も持っています。

詳しくは下の公式オンラインショップをご参照下さい。

ヤマシンフィルタ公式オンラインショップ
【ヤマシンフィルタ株式会社】の自社通販サイト!フィルタ専業メーカーが成し得る社会貢献として、総力を挙げて開発した究極のフィルタマスク、フィルタシート!

N95マスクと同等レベルの捕集能力

ヤマシン・フィルタマスクに使われているフィルタはN95マスクと同等レベルの捕集能力を持っているそうです。

一般的に誤解されている事が多いようですが、N95マスクのフィルタ性能は、そこいらへんの高性能不織布マスクと変わらないか、劣っています。
しかし、N95を謳っているマスクはフィルタ以外の品質も高い場合が多く、なにより顔にフィットして漏れが少ない事を重視して作られています。感染症を取り扱う医療現場では、数種類の形のN95マスクから自分の顔の形に合ったタイプを選び、定期的にフィットテストを行い、装着時には毎回ユーザーシールチェックを行うというように、極端な言い方をすれば顔とマスクの隙間から感染が起きない事をマスクの濾過性能よりも重視しています。いくら高い濾過機能を持っていようとも隙間が大きい状態ではマスクをしていないのと同じ事になるからでしょう。

マスクと顔の隙間の事を考えると、二本のゴム紐を後頭部に回して顔に跡が付くほどギュウギュウに押し付けるタイプではなく、ゴム紐を耳に掛ける一般的なプリーツマスクでは、ひょっとすると初めからフィルタ性能を比較するのが無意味なのかもしれませんけど、毎回高価なN95マスクをギュウギュウ着けて顔にクッキリ跡を残すわけにもいかないので、歯医者としてはなるべく高性能なフィルタの、隙間のできにくい、ついでに息のしやすいマスクを求めてしまうわけです。

自分で計測するわけにもいきませんし、フィルタメーカーがN95マスクと同等レベルだと推しているんだからフィルタの性能は高いんだろうと信じるしかありません。素人のユーザーに過ぎない僕にできる事は、息がしやすいのか、漏れが少ないのか、チェックするのみです。

究極のヤマシン・フィルタマスクを着けてみた

今回は個別包装5枚入り825円(税込)を買いましたので、早速個別包装をピリリと破って究極のヤマシン・フィルタマスク取り出します。
一般的な不織布マスクよりも少し厚手かな?同じぐらいかな?程度の質感です。耳ゴムは細目ながらもゆとりがある長さで、耳が痛くなるような事はありませんけど、顔の小さな人には緩すぎるかな?
ノーズフィッターは曲げグセが付きにくく、鼻梁の形に合わせるのが困難です。
手を丸くして鼻から両頬に押し付けるようにしてフィルターの呼吸抵抗を調べると、他記事にしたFujiあんしんマスクに比べるとずいぶん抵抗を感じますが、一般的な高性能不織布マスクと比べるといくぶん息がしやすい感じ。
両手を話すと、んっ?急にスカスカになります。
頬と顎には隙間が少ない様子ですが、鼻の両脇から大量に息が漏れます。僕の顔の形や大きさが関係するでしょうけど、僕の場合だけかもしれませんけど、呼吸に必要な空気は鼻の両脇から全て賄われていてフィルターはほとんど使っていない状態です。
スタッフの女性が付けると、サイズがちょっと大きめという事もあって、鼻の両脇だけでなく両頬と顎下にも隙間が認められます。

こりゃ、診療に使えないどころか、外出時にも使えないと、がっかりしました。

究極のヤマシン・フィルタマスクを改造してみた

どうせ使えないなら、ダメ元で改造してみよう。
ユニクロのエアリズムマスクで実証済の、ノーズフィッター改造をやってみました。
今は暑くて使う気になれませんけど、ユニクロのマスクはノーズフィッターを両面テープで着ける事で、鼻の両脇のシール不足を解決できました。

エアリズムマスクにノーズフィッター
着け心地の良さで定評のあるユニクロのエアリズムマスクの欠点を解消する為に、プリーツマスクから外したノーズフィッターを装着してみました。

今回のヤマシン・フィルタマスクには既にノーズフィッターが入っていますので、これを取り出す必要があります。
いつも使い終わったマスクは捨てる前にノーズフィッターを取り出して保管するようにしている事から、ノーズフィッターは接着されておらず、袋状になったマスクの隙間に入っているだけであるのを知っていますので、袋状の不織布部分にちょいと切れ込みを作れば取り出せるはずです。
目立たない裏側の脇をちょっとだけメスで切って、ノーズフィッターを取り出したのが次の写真です。

ノーズフィッター取り出し

出てきたのは樹脂がリボン状になっているもの。内部に針金はありません。
マスクの生地が一般的な不織布よりもハリがあるので、鼻に沿って賦形するには少々頑丈なノーズフィッターが必要であろうと思い、金属製のものをチョイスしました。

ノーズフィット

下は金属製のノーズフィッターを差し込んで戻している最中の写真です。

ノーズフィッター挿入中

全部差し込むと、全く目立たなくなりました。

ノーズフィッター挿入後

金属製の曲げやすいノーズフィッターに置換した究極のヤマシン・フィルタマスクを着けてみると、鼻の両脇もばっちりシールされ、息をする度にペコペコするほどのフィット性を確保できるようになりました。これなら仕事に使っても安心です。

究極のヤマシン・フィルタマスクに更に望むこと

ノーズフィッターを置換しただけで物凄く信頼性の高まったヤマシン・フィルタマスクですが、更に望むとすれば、以下の3つです。

1.もう少しだけ小さくして欲しい
縦のサイズが大き目なので、下を向いて顎を引いたような姿勢になるとマスクの下端が喉に押されてマスク全体が上に持ち上がろうとします。一般の人は普段そんな姿勢はしませんけど、僕たち歯医者は下を向いたり、下を向いて顔を捻ったりする姿勢を取りがちです。その際にマスクが浮いたりズレたりという事が無いよう、5ミリほど縦サイズを小さくして貰えると安心です。

2.Sサイズを作って欲しい
顔の小さな女性が装着すると、ノーズフィッターを置換しても両頬と顎下に大きく隙間ができてしまいます。耳ひもも緩めですので、全体にゆるゆるスカスカの印象です。縦横サイズを縮めたSサイズがあると嬉しいです。

3.オモテ面の撥水性を高めて欲しい
医療用のマスクは血液不浸透性を持たせる為に、オモテ面に撥水加工を施してあります。
コロナがこんな状況で、僕たちはフェイスシールドを装着して診療していますので、浴びた大きな飛沫は全てフェイスシールドにブロックされますから、例え水分を吸収しやすい素材であっても直接マスクに何かが掛かる心配はありませんけど、どんな粗末なスペックでも医療用と名の付くマスクはコロコロと水を弾くのが当たり前なので、できればヤマシン・フィルタマスクのオモテ面にも撥水加工が施されていると安心です。

マスクの防水性
アルコールによるマスクの消毒が勧められない根拠として、フィルター性能と防水性の低下が示されています。いい加減ではありますがテストしたところ防水性は変わらないように見えました。

ユーザーレビューに書き込んでみた

こりゃ使えないと思ったヤマシン・フィルタマスクはノーズフィッターを置換する事で仕事に使えるマスクになったわけですが、そんな話をヤマシンフィルタの公式オンラインショップにユーザーレビューとして書き込んでみました。
さて、クレームとして削除されるのか、前向きな提案として受け取って貰えるのか、その対応が楽しみなところです。

タイトルとURLをコピーしました